ファイナル婚活クエストOnline

第8回 ネット婚活をするのってどんな人?

2009.09.24 THU

ファイナル婚活クエストOnline


エキサイト恋愛結婚は毎日会員構成データを更新、公表しているので本文とは数値が異なります。こちらは会員の地域分布(クリックで拡大)。関東だけで見ると男女比は1:2。筆者の地元は少ないなあ…。

もっとも多いのは首都圏在住の30代会社員? データで見るネット婚活“ザ・平均”



現実での出会いの少なさに見切りをつけた男女が、ネットでの出会いを模索するネット婚活。もちろんリアルでもネットでもバッチリという婚活猛者もいることでしょう。

その主戦場となる婚活サイトには、果たしてどのような人たちが集まっているのか? 会員データや、アンケート結果をひもとき、そこにある傾向を把握し対策を講じれば、よりよい出会いにつながるかも。

そんな狙いで調べてみたのは、「エキサイト恋愛結婚」「Yahoo!縁結び」という大手ネット婚活サイト。もちろん、婚活サイトによってそれぞれの特徴があるとは思いますが、人が多く集まる大手サイトだけに「ザ・平均」が見て取れそうです。

まず、会員の男女比で見ると、Yahoo!縁結びは男性会員65%に対し、女性会員35%。一方、エキサイト恋愛結婚は男性会員29%で、女性会員71%となっています(ともに2009年9月14日現在)。

「確かに、女性からのアピールがカジュアルで積極的だったのは『エキサイト恋愛結婚』かもしれませんね。『Yahoo!縁結び』の女性会員は慎重でよりコンサバな印象」と感想をもらすのは結婚適齢期崖っぷちでネット婚活を始め、いずれのサイトにも実際に登録したR25.jp編集部のデスク青山(35歳)。

利用料金の違い(エキサイト恋愛結婚は女性の月額料金が無料)や、プロフィール写真の公開設定の違い(Yahoo!縁結びは基本的にすべての会員の写真が見られる)などによって、婚活サイトによって「男性売り手市場」「女性売り手市場」などの傾向があるようです。

年齢分布を見てみると、エキサイト恋愛結婚のボリュームゾーンは男女会員ともに30代前半でシェアは30%以上。Yahoo!縁結びは女性会員の中心層は30代前半で37.5%(男性27.5%)、男性会員の中心層は30代後半で34.5%(女性34.8%)。いずれも30代がもっとも多く、以下40代、20代と続きます。

地域分布は両サイトともに、関東在住者が約50%と圧倒的多数で、次いで東海、近畿がそれぞれ10~20%という比率。一般にインターネットの利用者は都市部ほど多い傾向がありますが、ネット婚活の場合も同様みたいです。

では、どんな職業の女性会員が多いのでしょうか? エキサイト恋愛結婚の場合、事務系のOLが37%ともっとも多く、次いで専門職が13%。専門職の内訳は「保育士、医療関係、教職、美容師などが多い」そうです。派遣社員は別枠で11%という数字があります。

Yahoo!縁結びでは、事務職が43.2%。次いで専門職が8.6%と、OLさんが多い印象ですが、これは事務職を正社員と派遣社員などで分けていない結果かもしれません。

ちなみに男性会員の方は、予想通り技術者系が圧倒的多数。やはり職場に女性が少ないんでしょうね。

また、男性として気になるのは、ライバル達の学歴と年収でしょうか。両サイトも登録男性の年収は、400万以上800万円未満が多数を占め、ともに70%前後。ちょっと幅が広すぎるのでさもありなんて感じですけども。ちなみに未婚女性が望む結婚相手の希望年収は「500万以上700万円未満」(オリコン調べ)だとか。学歴は大卒がもっとも多く、エキサイト恋愛結婚で56%、Yahoo!縁結びで63.3%となっています。

つまるところ、ネット婚活サイトというのは、主に首都圏に住む30代で技術職の会社員がパートナーを探している場といえそうです。年収に関しては「400万円以下」の男性会員も10~20%いるようなので、勝算はあるのだと信じましょう。

とりあえずネット婚活サイトでうまく立ち回るには、いったんこのボリュームゾーンに入ることが先決のようです。ホント、収入が不安定なフリーランスの筆者なんてお呼びじゃないですね。世知辛いようですが、これが現実っ!
エキサイト恋愛結婚「幸せな結婚★7つの法則~1万人アンケートより」から抜粋した、男女それぞれの「OK年齢ライン」と「被OK年齢ライン」の一覧表(クリックで拡大)。20代女性を狙いたいなら32歳までに動くべし!

女性は年齢が上がるにつれ年上男性がNGに? 若いうちにネット婚活を始めた方が良い理由



結婚適齢期崖っぷちの独身男性のみなさん。いわゆる「適齢期」の上端を勝手に34歳くらいで想定しているんですが、そんなみなさんが希望する結婚相手の年齢は何歳くらいでしょうか?

好みは人それぞれなので、なかには「40歳以上じゃなきゃヤダ」とか、「16歳と結婚するのが夢」(ま、できなくはないですからね)といった方もいらっしゃることでしょうが、30代半ばの男性ともなると、多くは年下、できれば20代と考えていることでしょう。

事実、エキサイト恋愛結婚の1万人アンケートでは、多くの34歳の男性が希望する女性の年齢の幅は「25~33歳」という調査結果があるようです。

「ただ、そんな34歳の男性を希望している独身女性の多くは、30歳~36歳なんですよねえ」とはエキサイト恋愛結婚の角倉恵美さん。「つまり、20代の女性からは求められていない可能性がありますね。あくまで平均値の話ですが」

ちょっとショックじゃないですか? この、結婚相手の年齢に関する理想と現実のギャップはかなり大きいようです。

「日本の男性は年下女性を求める傾向があって、そのOKラインが『35歳(の女性)』なんですね。男性が22歳のころは『20~25歳』と3歳年上の女性まで OKなんですが、それが29歳になると『23~29歳』と同級生か年下だけになります。で、32歳になると『25~30歳』と年下だけに。さらに40歳になると衝撃的ですよ(笑)。『27~35歳』と5歳以上年下じゃなきゃヤダっていうふうになるんです。こうして20代を希望するのは44歳まで続きますし、実際に40歳の男性会員がメールを出している相手のほとんどは35歳以下の女性会員なんですよ」(角倉さん)

やっぱり結婚を意識した男性にとって、リスクが少ないうちに出産できる女性の年齢に敏感なのかしら。でも、一般的に女性は年上男性もOKといわれているからベストマッチでは?

「それがそうでもないんですよ。女性は若いうち、例えば22歳の時は『23~27歳』と年上がいいって言ってるんですが、これが29歳になると『28~32 歳』と1コ下の男性が入ってくるんですよ。しかも範囲がわりと狭い。35歳になると『32~38歳』と上下3歳まで。さらに40歳になると『35~43 歳』で下は5歳まで、むしろ上が狭くなります。44歳なんて『35~45歳』と下は10歳近くOKになります」(角倉さん)

男女ともに29歳が、「年下」に芽生える、あるいは「年下」をより強く意識する年齢で、以降年を取るにつれどんどん年下傾向になっていくというわけですね。うーん、これはなるべく若いうちから婚活を始めた方が明らかに有利といえそうです。

「特に36歳を過ぎるとマッチする可能性が低くくなりますから。これで20代の女性にメールが殺到しているのはわかっていただけたと思います。なので、もし男性の方でうまくいっていなければもっと幅を広げて、同級生や年上の女性にアプローチしてみるのもアリです。30代半ばでも綺麗な人は多いですし」(角倉さん)

ほほう。エキサイトの調査では、結婚への満足度と年齢差にはあまり関係がないそうです。

「容姿や職業、学歴などにこだわってもこだわらなくても、結婚満足度にさほど差がないという結果も出ています」(角倉さん)

それは心強い一方で、男としてもあまり女性の条件にこだわらないで婚活した方が、より幸せになれるという証しでもあるのかもしれません。

「結婚満足度に直接かかわってくるのは、『性格の相性』(67%)や『尊敬できる』こと(65%)、『価値観』(62%)、『家事分担』(53%)、『金銭感覚』(48%)、『収入』(39%)などですね。なかでも男性に注意してほしいのは家事分担の部分。特に結婚後『後片付け』『力仕事』『子供の相手』などを分担する男性ほど、結婚満足度が高いというふうに評価されています。これは逆にいうと、独身時代に部屋が散らかっている男性はかなりマイナス評価をされるということです」(角倉さん)

なるほど。写メに汚い部屋が写っていたりすると、それだけで「家事やんなそう」と判定されるわけですか!

いずれにせよ、ネット婚活を始めるならばできるだけ若いうちから。そして結婚相手への条件はあまりガチガチに決めず、広くいろんな人とメールしたり、会ってみた方がよいと。ズバリ、寛容な人ほど良い出会いに巡り会うチャンスがあるのかもしれません。うーん、そんな心の余裕、あったっけなあ? 第1回か第2回にやっとけよ、という今さらな
ネット婚活データ編でしたがいかがでしたか?

けっこう、データで示されると
自分のポジションがわかるというか、
厳しい現実を身をもって知るというか、
夢見る夢子ちゃんではいられない!

今回の取材で感じたのは
冒頭同様に誤解をおそれずに言いますと、
ネット婚活ってネットオークションに近いなってことです。

それなりの相場感というのもあるけど、
みんながとらわれている価値観から
外れてしまえばレアな掘り出しモノも探せる。

結婚というのは、周りの理解や共感も必要ですけど
あくまで自分が納得することが大事。
ならば一般的に適正とされる「年齢」「職業」なんかは
あまりこだわらなくてもいいんじゃないかなあと思った次第です。

さて、次回は番外編にあたるのかしら。
ネット婚活にもいろいろありまして
これまで紹介した婚活サイト以外での出会いは
他にどんなものがあるのかを調べてみます。

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト