ファイナル婚活クエストOnline

第11回 R25男子に聞いたネット婚活失敗談

2009.11.04 WED

ファイナル婚活クエストOnline


「前の彼女とはどうして別れたの?」っていう質問も答えにくいと思った筆者。下手な理由だと、『私ともそのパターンで別れるかも』と思われそうだし。この辺は転職活動の前職を辞めた理由にも通じています。しかし、恋の発展的解消なんてあるんですかねえ。

「私以外とメールしてる?」「私で会うの何人目?」ネット婚活性ならではの悩みと失敗談



独身男性がネット婚活を行っていると、そりゃあもう、いろんな壁にブチ当たります。周囲に対しおおっぴらに「ネット婚活やってる!」と宣言できればいいのですが、ムッツリと水面下で活動にいそしんでいると誰にも相談できやしません。

そんなお悩みや失敗談、反省点を共有し、今後に生かそうではないか! そんな高まいな呼びかけに応じてくださったのが婚活サイト「エキサイト恋愛結婚」会員で、活動4年目のKさん(東京都・教育関連・32歳)、活動2カ月目ながらメル友サイトではベテランのTさん(東京都・団体職員・30歳)、活動1カ月目のSさん(神奈川県・エンジニア・26歳)のお三方です。

ネット婚活をやっていて一番困ったことって何でしょう?

Sさん「ぼくはまだ始めたばかりなのでないですね」

Tさん「これはメル友サイトをやってたころからの悩みなんですが、初対面で『私以外とメールしてるの?』『私で会うの何人目?』っていう質問ですね。いつも、『少ないよ』って濁しちゃうんですけど」

確かに! ゼロならゼロで怪しいし、たとえ○人と答えたとしても、同じ答えでも女子によっては「正直に言ってくれて誠実」と思う人もいれば、「他にいるなら私は自信がないから身を引こう」と思う人もいそうだし、これは一筋縄ではいきません。

「濁さない方がいいかもしれませんね。でもさすがに2ケタだと多すぎる印象があるから、具体的に『3人目』とでも答えるのが無難かもしれません」とはエキサイト恋愛結婚の角倉恵美さん。

なるほど。女子が答える男性の経験人数と一緒ってことですね!

Kさん「ぼくはネット婚活を4年もやってるんで、正直な人数は言えないですね(笑)。ぼくの失敗談は、始めたころの話なんですが、いちいち『この人が運命の人かも!』って思い込んじゃって、フラれると本当に失恋したみたいにヘコんでたことですね。写真も交換して、趣味の話なんかでメールもうまくいって、それで実際に会ったのに、その後、突然連絡が途絶えたりするとかなり堪えます」

これは始めたばかりのころの人にありがちな悩みかもしれませんね。当時は、女の子のテンションが低いうちに、自分だけテンションが上がっているため、会っている時の会話や行動の端々に焦りが出ちゃってたのかもしれない、とはKさんの自己分析。ふむふむ、メモです。

他にも何か失敗談はありますか?

Tさん「私は飲みに行くとホテルのラウンジバーでしめるのがカッコいい!と思ってたんですけど、それを初対面の婚活女性にやってしまって引かれました。1発目はお茶程度にした方がいいみたいですね」

Kさん「ぼくは遅刻ですね。遅刻しちゃうと、相手は気にしていなくても、自分が負い目を感じてもう同じ土俵にのぼれないんですよ。あと一度、メールを間違えて送っちゃったことがあるんですよ。『これ、私に送ったメールじゃないですよね』って。もうこれは人間としてダメですね」

Sさん「ぼくはあんまりないんですけど、逆にメールで名前を間違えられたことはありました(笑)。でもスルーしましたよ」

女子はミスをスルーしないけど、男はスルーせざるをえない。この立場の違いよ。同時に4、5人とメールをすると、誰と何を話したのかわからなくなるので、せいぜい2人程度が限界との声も。ちょっとテクニカルすぎますけど、同時にお相手する人数が増えた場合は、ちゃんとエクセルで管理しているという強者もいるそうですよ。

というわけで生のネット婚活プレイヤーからお話をうかがった座談会。みなさんの婚活の助けになったでしょうか?
最年長のKさんは32歳。例えば「35歳までに結婚するぞ」とした場合、少なくとも式の1年くらい前までにはプロボーズする必要があるので、お付き合い期間を含めて考えると、あと1~2年のうちに相手を決めないと間に合いません。そんなスケジュール感で望むべし。

年の差はどこまで? 自称ぽっちゃりはアリ?ネット婚活男子がチェックする女子のプロフ



ふと考えるんだ、このままずっと一生独り身なんじゃないかってね。

そんな結婚適齢期ギリギリなR25世代の男性が、ネットという広大な世界で理想のお姫様を探し当てるネット婚活。それぞれプレイヤーによって、好みのプリンセスは異なるとは思うんですが、果たしてみんな婚活女子のプロフィールのどういうところを見ているんでしょうか?

これを知っておけば、地雷は踏まずに済むはず! たぶん。

というわけで婚活サイト「エキサイト恋愛結婚」の協力のもと、、ネット婚活4年目のKさん(東京都・教育関連・32歳)、活動2カ月目ながらメル友募集サイトではすでにベテランのTさん(東京都・団体職員・30歳)、活動1カ月目のSさん(神奈川県・エンジニア・26歳)の3人に集まっていただき、本音をうかがいました。

みなさんそもそも女子のどういう部分を見ているんでしょうか?

3人とも「まずは年齢ですね」

Tさん「若すぎると話題が合わないので、同じような年齢でメールをやりとりしています。若い人だと初めてで『お初メールします! 相性診断が良かったんでメールしました。よかったら返事ください』なんて送ってくるんですよ。これはないだろと」

Kさん「いますねえ。明らかに自分のプロフィールを読んでなさそうな方には、『ぼくのどこに興味を持ちましたか』って返事します。するとだいたい返事がないですよ。なので、ぼくも年齢は上下2歳くらいまでですね」

Sさん「ぼくはけっこう年上からメールが来ます。婚活サイトではそもそも26歳より下の会員ってそんなにいないので。個人的には32歳くらいまでならOKです」

けっこうみなさん同級生くらいにこだわるんですねえ。そのこだわりをSさんみたいに広げれば、もっとたくさんの候補の中から選べるような気もするんですが、余計なお世話ですかね。
その他の項目はどうでしょう?

Sさん「年収は全然気にしない」

Kさん「女性の体型を見ちゃうんですけど、自己評価って全然アテにならないですね。ぽっちゃりって書いてても、全然そうじゃなかったり。まあ、そういう自分も『普通』って書いてるんですけど、女性からすると『スリム』だそうです。難しいですねえ」

Sさん「ぼくはぽっちゃりは避けてます。見た目どうこうよりも、体型を気にしすぎていて一緒にご飯を楽しめそうにないからです」

Tさん「体型じゃないですけど、プロフィールの似顔絵アイコンを人間じゃなくて動物とか未選択で『?』マークのままの人は避けますね。なんなのそれって思います」

ほうほう、みなさんいろいろ思うところがあるんですねえ。
では、「これは無理です」というNG女子はいましたか?

Tさん「ゴスロリとかロック系はちょっと苦手ですね。あとタトゥーを入れている人は生理的にダメです。でも、うちの妹は入ってるんですけど(笑)」

Kさん「ぼくはプロフィールに年収500万円って書いていて嘘でもなんでもないんですけど、いきなり『年収ホントに500万円なんですか』なんて聞いてきたりする人とかはもう、ありえないですね。でも本当にいるんですよ」

んんー、もうそういう女性は婚活以前の問題のような気がしますね。逃げるが勝ちです。

くり返しになりますが、自分にとってNGな女性をちゃんと設定しておくのも大事とはいえ、あまりに条件をガチガチに決め、みすみす出会いの確率を低くしないようにもご注意です。結婚っていうのは、他人と一緒に暮らすことですから、違和感があって当たり前。

というわけで選択眼を磨きながらも、時には温かいまなざしで見守る。そんな男になれたらいいなあ。 というわけで2回にわたってお送りしてきた座談会も終了。

最後におのおの「○歳までに結婚相手を見つけるゾー」
と宣言しあって解散した参加者3人。
みなさんの健闘を祈ります!

そしていよいよ次回は最終回。
あわよくばデスク青山(35歳)の
冒険の書をひもときたい所存。

そんな最後のゴール一歩手前を探りたいと思います
体験者のみなさんもご意見メールをどしどしお送りくださいね

関連キーワード

注目記事ピックアップ

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト