ピンキーリングは「幸せが逃げない」証し!?

左手の薬指以外にはめる指輪、それぞれどんな意味があるの?

2007.08.02 THU

“幸せが逃げない”“願いごとを叶える”など、おまじない感覚で身に着けている人が多いピンキーリング。そもそもは、「大きな指輪が動かないようにと、上からはめてガードする目的で作られたリングの一種でした。それに小指がもつ、恋人たちの指、霊的な力という意味が加わり、今のような使われ方になったようです」(宝石鑑定鑑別士・斎藤貴子さん)と、新事実が発覚。さらに小指以外にも 「親指は権威・契約、人差し指は指示・独立、中指は復活・希望、薬指は婚約、そして“指輪のための指”ともいわれています」(同)と、それぞれ大切な意味があるそう。なるほど、確かにはめる指を変えるだけで気分も大きく変わる気が…。試す価値アリ!


関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト