自分と違うMHCの人にひかれる!?

匂いで判断できるらしい恋愛遺伝子「MHC型」って?

2007.06.14 THU

「今の彼、全然好みじゃないけどなんか好き」って経験ありません? これは体内の“MHC”なるものが原因だとか。恋愛遺伝子なんて呼ぶ人もいるこのMHCって何!? 免疫細胞に詳しい「クリニックF」院長の藤本幸弘先生、教えて!

「MHCとは白血球にあるタンパク質で、体内にウィルスなどが侵入した時、敵と認識して免疫細胞に伝える役割をしています。MHCには様々な型があり、対応できるウィルスが決まっているため、同じウィルスが侵入しても、軽い症状で済む人とそうでない人がいる。しかし、自分とかけ離れたMHCの型を持つ人と結ばれれば、様々な感染症に対応できる子孫が残せるため、本能的にMHCのかけ離れた相手を選びやすい、という説があるんです」

へ~!でも、自分とかけ離れたMHC型の人って、どうやって見分けるの? 

「MHCは汗に混ざって放出され、自分の型とかけ離れている相手は、無意識に『いい匂い』と感じます。これがフェロモンではないかという人もいますね」(同氏)

確かに、落ち着く匂いの人っているかも!とはいえ、恋愛には顔や性格も必須…こういう好みもMHCの影響?

「顔や性格は大脳が司っているので関係ありません。ただ、“匂い”は人を好きになる要素の一つと考えられるので重要なファクターと言えるでしょう」(同氏)

好みじゃないのに…って時はMHCのしわざかもね。

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト