今年は日印交流年!

インドのゴージャスな王族マハラジャについてのトリビア

2007.03.29 THU

2007年は「日印交流年」。そこで、交流したいインド人筆頭=マハラジャについて調べてみた! マハラジャとは、インド各地に君臨した藩王のこと。1947年に制度自体は廃止されたが、今も尊敬を受け続ける存在だ。実際、ジャイプルという都市には、今も王族が住む宮殿があり、豪華な建築や宮殿博物館所蔵のギネス公認世界最大の銀製の壺などが、容赦なき豪奢ぶりを物語っているとか。さて、そんな素敵なマハ様。彼にちなんだ何かが日本にない?と調べたら、大阪の某インド料理店のオーナーがマハ様の末裔との噂! 問い合わせると「子孫ですが何か?」とあっさり。マジ? 次は東京のインド人街、西葛西で聞き込みじゃぁ~!


関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト