キャミは? タンクトップは? 生足は?

夏のオフィスファッションみんなの会社はどこまでOK?

2007.06.28 THU


もうすぐ7月。夏の本番は目の前までせまっています! となると気になってくるのは、夏の通勤服。どんな格好をしたらいいのか、毎年困りませんか? そこで、L25読者の皆さんにアンケートを実施。すると「会社で通勤服に関する規定はありますか?」という質問に「ある」と答えた人は49人と意外に少なく、「ない」が220人と過半数。「な~んだ、じゃあキャミソールにデニムだってアリだよね」というのは大間違い。「特に規定としてはないが、暗黙のルールがある」という回答が115人いたのは見逃せません。この「暗黙のルール」というのが、実は一番やっかい。「相手に不快感をあたえないもの、って基準がなかなか難しい」(23歳)というように、決まりがないからこそ悩んでしまうのが、L25世代の夏の通勤服事情というわけです。

ちなみに、ファッション誌『MISS』編集部・宮本珠希さんに、今年の流行を上手に取り入れるコツを聞いてみると…、

「ジャケット必須の場合は、薄い素材感と着まわし力のあるシャツジャケットがオススメ。デスクワークが多い人は、フリルのあしらわれたものなど、上半身に甘めディテールを取り入れると華やかになりますね。また、大振りアクセに抵抗のある人は、華奢なネックレスの重ねづけなら、上品でトライしやすいと思います。流行のエナメルやシャイニー素材は、靴やバッグなどの小物で取り入れてみましょう」

制限がある中でも、上手に流行を取り入れたいですね。

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト