エコバッグは58%、ペットボトルは64%も!?

あなたはちゃんと実践してる?リサイクル実施率を大調査!

2007.02.15 THU

4月1日から「容器包装リサイクル法(容リ法)」の改正が、ひっそりと施行されます。容リ法とは、家庭ゴミの約6割(容積比)を占める容器包装(ペットボトルや缶など)の減少・再使用・再資源化を目的に95年に成立。今回の改正内容をかなりざっくり要約すると「ゴミ削減のため、もっとみんな(国・自治体・事業主・個人)で協力しようゼ!」ということ。施行に先駆けて杉並区の一部スーパーで限定的に行われているレジ袋有料化も、実はそのための実験のひとつなんです。

将来的にはレジ袋の完全有料化もありえるものの、とりあえず今回の改正で私たちに求められるのは意識向上程度。でも肝心の、ゴミへの問題意識はどれくらいあるのか、「L25モバイル」でアンケートを実施しました(25~34歳データより作成)。

質問は次の3つ、「ペットボトルをどう処理する?」「牛乳パックをどう処理する?」「エコバッグを使用してる?」。約600人の回答を見ると、牛乳パックを正しくリサイクルしている人は全体の約46%で2人に1人。ペットボトルはそれ以上で、約64%という数字に。また、エコバッグの使用率は、「時々使用する」も含めて約58%。参考にした杉並区の調査結果35・2%(平成17年9月調べ)よりもはるかに高い結果になりました。

みんなちゃんと実践しているんですねぇ。感心感心! …ところで当のあなたは、どうですか? 

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト