名前を聞いたことある、あの人も昔は…

実は隣のアノ彼がなるかも!?通称「○○王」と呼ばれる男たち

2007.02.01 THU

女性なら一度は“リッチな王子様と結ばれたい!”と夢見た経験があるはず。でもそんな王子様、近くにいないし…。だけど目を凝らせば、未来の「王」は隣にいるかもしれないんですよ。

そのヒントとなるのが、経済界などで活躍した、通称「○○王」と呼ばれる人たち。巨万の富をゲットした彼らも、昔は野望を持った一人のビジネスマンでした。

鉄鋼王=アンドリュー・カーネギーは、元は木綿工場の糸巻き少年。職を転々として昇進しながら、直感に従って製鉄工場を設立し、他の大製鉄工場の支配権を獲得して会社を拡大。アメリカの鉄鋼生産の約25%を獲得する、大企業へと成長させました。彼の個人資産は、約12兆円(ビル・ゲイツの約2倍)だったとか。

海運王=オナシスは財産ゼロで移民した一家の息子だし、石油王=ロックフェラーは農作物の仲買人。いずれもノンキャリアから這い上がってビジネスチャンスをつかみ、世界有数の大富豪にまでのぼり詰めた人。また現在では、ほぼ1代で巨大鉄鋼メーカー「アルセロール・ミッタル」を築きあげた、ラクシュミ・ミッタル氏が「鉄鋼王」に当たりそうです。

そう。「王」と呼ばれる男たちも、元は一般社会に揉まれて頑張ってきたビジネス戦士なんです。近くに新しいことにどん欲に頑張っている人いませんか? 未来の「○○王」かもしれませんよ。     

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト