あのラクダ色の“腹巻”が劇的に進化!

流行の「ウエストウォーマー」でお腹を温めると何がイイの?

2007.01.01 MON

寒い冬を少しでも温かく過ごしたい!そんな女性の間で、今、ウエストウォーマー(=腹巻)が流行中。“腹巻”といえば、昔から日本人に愛用され続けてきたアイテム。それがどうして、今人気なのかご存じですか?

一番の理由は、おしゃれな物が増えたため。薄手でアウターに響かないのもうれしい。そんなキュートな腹巻の先がけが、ピーチ・ジョン発行の通販カタログ『PJ』の“HARAマキ”シリーズ。これなら、ローライズデニムのウエストからチラっと見えてもかわいい!

このウエストウォーマー、温かいのはよく分かるんだけど、体にはどんないいことがあるの? その効果について、『温め美人ダイエット』(WAVE出版)などの著書で知られるイシハラクリニック・石原結實院長に伺いました。

「漢方では〈お中=体の中心〉を温めれば全身が温まるといわれています。もちろん、腹の中の腸・子宮も温まるので、便秘や生理痛の予防・改善にも効果的。また、腸内には体内の全免疫細胞の70%が存在しているため、温めると免疫力が上がるのです」

どんなときに着ければいいの?

「できれば、一日中、一年中着けるのが理想的。夏は薄い綿や絹のものがオススメですよ」(同)

最近は、カイロ用のポケット付き、備長炭繊維の遠赤外線効果で温めるなど、機能面でもさらに進化中。今年は、お腹から温めて、快適で健康な冬を過ごしてみて!

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト