女子のダークゾーンと言われないために…

脱いだ後が問題です。あなたのブーツ、におってない?

2006.12.01 FRI

今年も大流行中のブーツ。スタイルが良く見え、防寒効果もバッチリだし、本当に便利 ってヘビロテしがちですが…飲み会の座敷シチュエーションで、彼を招いた玄関で、脱いだ後の“ブーツのにおい”が気になること、ありませんか? 合コン会場が靴を脱がなきゃならないお店だったりしたら…におうブーツなんて危険すぎ!! ブーツのにおいってどうケアすべき?

「においの原因は主に汗やカビ。足は、1日に両足でコップ半分もの汗をかくといわれています」とは、靴や皮革製品などの特殊クリーニングを扱う東京ホールセールの浅尾裕幸さん。

「ブーツは密閉性が高いので、においやカビが発生しやすいんです。一度ついたにおいを自分で消すことは難しいですね。できることは予防。履いた翌日は休ませて陰干しし、よく乾かす。消臭効果のあるブーツキーパーや、靴専用の消臭・除菌スプレーを使ったり、消臭効果のあるインソールを敷いたりすると、ある程度、予防できます」

すでににおってるブーツは手遅れ?

「当社では靴を丸ごと水洗いし、脱臭・殺菌効果のあるオゾン水ですすいでにおいを消すサービスをしています。補修・染め付けもするので、古びた革製ブーツも見事によみがえりますよ」

革のブーツが丸ごと水洗いできるなんて、目からウロコ! でも素人仕事で水洗いは危険。専門業者にお任せして、お座敷でもひるまないキレイなブーツを手に入れましょ!

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト