あなたはちゃんと説明できますか?

“掛け捨て”ってどんな仕組み?基礎から知りたい、保険のこと

2006.11.15 WED

親や周りから勧められて「保険ぐらい入らないと…」と思っている人も多いはず。でも、どの保険がいいのか複雑で分からないですよね。

保険とひとことで言ってもいろいろありますが、まずは基本として知っておきたい「掛け捨て型」と「積み立て型」の違いをお勉強してみましょう!

そもそも「掛け捨て」って、日本語だけで考えるとお金を無駄にしてるような気がしますよね…。

「名前のイメージは悪いですが、それは誤解なんですよ。掛け捨てとは、簡単に言えば、事故、病気などのトラブルがない限り掛け金が戻ってこない保険。万が一の場合には保険料以上の保障を受けることができます。最もシンプルで合理的な形です」(ファイナンシャルプランナー・和泉昭子さん)

対して、保険期間が終わったときに満期金として積み立てていたお金が戻ってくる保険や、一定期間に事故や病気がなかったときボーナス金が支払われる保険を「積み立て型」といいます。

「一見、積み立て型タイプの方がお得な感じがしますが、その分高い保険料を支払っているだけ。一般的に、掛け捨ての方が保険料が安いんですよ」(和泉さん)

迷ったら、ファイナンシャルプランナーに相談してみるという手も。値段は人により変わりますが、協会で紹介してもらうこともできます。上手に利用してスマートな保険選びをしてみては?

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト