南アフリカからやってきた新ネイル登場

約1カ月もはがれない!?バイオジェルネイルはもう試した?

2006.11.01 WED

突然ですが、ネイルって塗ってすぐはきれいなのに、結構すぐはがれちゃいますよね?パソコンのキーボードを叩いたり、料理なんてした日には2~3日で爪先が欠けてしまって…。悲しすぎるっ! でも、そんな悩みを解決してくれるネイルが、昨年の11月に日本に上陸したんです。

その名も「バイオスカルプチュアジェル」。一体どんな特徴があるの?

「ジェルネイルの一種なので、とにかくはがれにくく、一度つけると、3週間~1カ月はカラーがもちます。樹脂に近い素材を使っているので、これまでの付け爪とは違って、やわらかく、爪にやさしいのが特徴。爪にネイルをのせたらUVAという光を当てて固めるので、カラーリングのすぐ後には自由に手を使えるのも人気です」(販売元のタカラベルモント・長里さん)

見た目はいわゆる普通のネイルと変わらないので、スカルプチュアのような付け爪が会社で禁止されている人にも、簡単にトライできるのがうれしい。

ところで、こんなすぐれたネイルは、一体どこで生まれたの?

「意外に思われるかもしれませんが、南アフリカ発祥なんです。南アフリカはヨーロッパからの移民が多く、美容への意識が非常に高い。南アフリカのエステ用化粧品は世界的に使われていますし、スパなんかも充実しています」

実は、美容分野での評価が高い南アフリカから届いた新ネイル。一度試してみてはいかが?

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト