何に対して妬くの…?

男と女のヤキモチはこんなところに違いがあった!

2007.09.13 THU

恋にヤキモチはつきもの。でも、実は男性と女性とでは、ヤキモチを妬く対象やシチュエーションが、ちょっぴり違うんだそう。

「基本的に、女性は自分ではない誰(何)かに恋人の気持ちが向くのを嫌がり、男性はオスの本能から、恋人が自分以外の男に言い寄られることに嫉妬心を感じるようです。女は男の“心”、男は女の“体”に妬くんですよ」(恋愛エッセイスト・潮凪洋介さん)

確かに男性は「男」がらみでヤキモチを妬くのに比べ、女性は対象が何であれ、自分が放っておかれること自体にヤキモチを妬いているかも。でも、恋人の浮気が発覚した時、男性は彼女自身を責めるに対し、女性は浮気相手の女性を責める人が多い気がするんですが、それは…?

「“男は誰もがハンターである”というのが男女の共通認識。多くの人は、浮気は受け身である側(女性)がYESというサインを出さない限り、成立しないものと考えるんです。だから、女性は恋人の気持ちが別の人に向き、それを受け入れた女性を責める。男性は恋人が相手の男性の気持ちを受け入れたことを責めるんです」(同)

ちなみに男女に共通しているポイントは、「恋人が自分よりも広い交友範囲を持っていると、妬く傾向がある」(同)ところなんだそう。例えば、男友達の少ない女性は、彼氏が女性と出かけるだけで嫌ってコトなんですが、人間って勝手ですよね…。

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト