米ドラマ『HEROES』のマシ・オカが人気だが…

ShowBizの本場ハリウッドに日本人俳優が少ない理由とは

2007.10.18 THU

米ドラマ『HEROES』でオタク役を演じている日本人俳優マシ・オカが大ブレイク! ある意味“逆輸入”の形で日本でも人気がジワジワ上がっていますが、これもアメリカで活躍する日本人が少ないせいなのかも。たとえば、最近では渡辺謙に続いて菊地凛子もアカデミー賞にノミネートされたけれど、日本人女優の最優秀助演女優賞ノミネートはなんと49年ぶりのこと。どうしてかくも日本人俳優は少数派なのか、ハリウッドのオーディション情報を提供するサイト「ハリウッドコメッツ」東京事務局のゼネラル・マネージャー渡嘉敷治夫さんに理由を伺いました。

「国をあげて欧米への進出を応援する中国や韓国と違い、日本ではオーディション情報の入手すら困難。さらに、英語力やビザの問題などもあって、ハリウッドで活躍している日本人はわずかしかいません。たとえば、映画俳優のために作られた米俳優組合(SAG)に所属している日本人は十数名のみで、その結果『SAYURI』のように“日本人”芸者役を中国人が演じるような状況になっています」

では、今後も日本人は活躍できない?

「現在は日本文化に注目が集まっているため、きちんとした日本語を話せる“日本人”がキャスティングされる傾向にあります。セリフが日本語の場合、英語力不足も気にしなくていいんですよ」(同)

ハリウッドで日本人が活躍する日も近いかも。アカデミー賞受賞が待ち遠しいな~!

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト