「夫は仕事、妻は家庭」反対が主流!?

L25世代に緊急アンケート!実際、「主夫」ってどうなの?

2007.11.08 THU

内閣府の調べによると、「夫は外で仕事、妻は家庭を守るべき」に反対する人が初めて過半数を超えたそうだ(07年度「男女共同参画社会に関する世論調査」)。数年前には家事・育児をする男性が主人公のドラマもあったけど、実際「主夫」ってどう? L25モバイルでアンケートを実施!

すると、「主夫もアリ!」派は79.6%。ただ、その多くは共働きを希望しつつ、出産・育児が悩みの種のようで…。主夫経験を持つ『主夫の花道』(ディスカヴァー・トゥエンティワン)の著者、山下俊樹さんにお話を聞いてみた。

「もちろん、女性には出産など身体的な役割はあります。でも、一方が仕事か家事・育児だけを担当すると、夫婦間にひずみを生むと思います。うちは共働きですが、どちらかが専業主婦(夫)のときの方が、ケンカも多かったですね」

主婦=楽という偏見もありますよね。

「経験上、主婦ほど評価されず、孤独なものはないでしょうね。お金という評価軸がなく、社会と疎遠になりがちですから。一生主婦(夫)は覚悟が必要ですよ。それに、子どもに手がかかるのは、長くて10年。女性の職場復帰は難しいので、安易に家庭に入るのはどうでしょうか。また、主夫を奨励するわけではないですが、男性は一度、主婦がいかに大変なのかを経験してみてもいいのかも」(同)

R25読者の意見は「主夫もアリ!」が78%。彼らが主夫を選択する理由、知るのが怖い気も…。

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト