日本にも三つ星レストランの登場なるか!?

『ミシュランガイド』日本初上陸!“三つ星”評価の基準とは?

2007.11.15 THU

フランス本国では掲載されることが名誉とされ、あるシェフの自殺の原因は、星の評価が下がったから…と噂されたほど、グルメ界では恐れられている『ミシュランガイド』。タイヤメーカーであるミシュラン社が、1900年から発行している歴史あるガイドブックの東京版が、いよいよ22日に発売される。“厳選されたレストランとホテル”が掲載されるそうだけど、いったい何が評価の基準になっているの?

「レストランは、“料理”と“快適さ”が評価され、星とフォーク×スプーンのマークで表示されます(上表参照※L25本誌では上に表が表示されています)。“料理”は、素材の鮮度と品質、調理技術の高さと味付けの完成度、オリジナリティ、コストパフォーマンス、常にクオリティを保つ料理全体の一貫性の5ポイントから評価されます。“快適さ”は、施設の調度、サービス、清潔さ、施設の管理度が調査対象になります」(日本ミシュランタイヤ・広報・石井さん)

その評価を行うのが、匿名調査員たち。どんな人が、調査員を務めているの?

「全員がミシュランタイヤの正社員です。ホテルやレストラン業界で5~10年の経験を積んだ人が多く、採用後もトレーニングを受けながら、調査員に必要な知識と評価方法などを学びます。東京版では、日本人2名、ヨーロッパ人3名を中心に、調査がすすめられました」(同)

世界の名店を知る調査員も納得の“三つ星”店が、東京に誕生するかも!? 中身も要チェックです!

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト