この時期になると、気になりますが…

そもそも年末調整っていったい何を調整してるの?

2007.11.29 THU

この時期になるとやってくる「年末調整」。よくわからないまま還付金を受け取ってる…という人、多いのでは? そもそもどんな仕組みなの? 税理士の菊池美菜さんに教えてもらいました。

「会社員の場合、会社が代わって所得税を計算して国に納めています。給料の金額に応じて扶養家族の数や社会保険料控除を考慮した概算額を、毎月会社が徴収しているわけです。ただし、概算額は、本来の徴収額より多めになるケースが多く、その計算をやり直すのが“年末調整”。だから年末調整の際に、還付金として戻ってくるケースが多いんですよ」

基本的には会社がやってくれるのでラクチン。注意点は…。

「生命保険に加入している場合は、生命保険料の控除証明を会社に提出すること。今年から地震保険料控除ができたので、加入している人は証明書を保険会社からもらって提出しましょう」

会社員であっても、年末調整後に自分で税務署で確定申告するケースもある。

「10万円以上の医療費がかかったり、災害にあったり、年の途中で退職した人は、確定申告をして還付を受けられます。会社からの給料以外にアルバイトで収入を得た場合も、確定申告が必要です」

ちなみに、転職した場合は、前の会社を辞めるときまでの源泉徴収票を現在の会社に提出すると、合算して年末調整をしてくれるそうだ。手続きが必要な人は、お忘れなく。

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト