パリの路地裏に詳しかったり、おばさん扱いを恐れたり…

『30女という病』なる本が発売それって一体どんな病なの!?

2007.11.29 THU

鋭い観察眼で人気のコラムニスト・石原壮一郎氏の新刊『30女という病』。中をのぞいてみると、“カッコイイ私を演出してしまう”“私らしさというこだわりが強い”など、ありがちな30代女性像をエピソードとともに紹介。かなり挑戦的な気が…。「いえいえ“病”ですから、彼女たちのせいではありません。30女は痛いと見られがちな理不尽な風潮から己を守るために、“病”を発症せざるを得ないんです」と石原さん。そんな病のウイルスは、20代女子にも潜伏しているとも! 「何かにつけて異存癖のある人がかかりやすい。20代の今から自分ができることを着実にやって、自信をつけることが必要です」。若さに執着しすぎないことも大事だそうです!


注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト