くしゃみが人によって違うのはなぜ?

今からでも間に合う!?カワイイくしゃみをする方法

2008.01.31 THU

冬将軍到来。本格的に風邪の流行る時期になりましたね。そこかしこでさまざまなくしゃみの音を耳にします。でも、なぜ人によってくしゃみの音が違うの?

「くしゃみとは、生体の防御反応の一種です。外気から非常に冷たい空気やゴミなどの刺激物、有害物が鼻に入ると、反射的にくしゃみが起こり、有害物を外に吹き飛ばすのです。くしゃみの音に個人差があるのは、鼻の形や顔の形、鼻毛の量、そして外からの有害物の種類が関係していると思われます。また、各々のクセによるところもあるでしょう。アメリカ人は“ハックション”とは言わないでしょうから、文化の違いもありますよね」(耳鼻咽喉科・アレルギー科 慶友銀座クリニック/大場俊彦院長)

クセや文化の違いということは、子供のころからオッサンみたいな豪快なくしゃみをしている私でも、カワイイくしゃみに転身できるということですか!?

「上半身に力を込めて体を少し硬くすると、小さめのくしゃみができるようですよ。でも、突然の反射反応なので、常に心がけていないと難しそうですね」(同)

確かに…。それに、思いっきりくしゃみすると、気持ちいいんですよね。

「でも、大きなくしゃみは腰や椎間板への負荷がかかるので注意が必要です。さらにあぐらや前屈した状態でのくしゃみはさらに負担がかかりやすいので、気をつけてくださいね」(同)

…やっぱり、カワイイくしゃみ、目指します!

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト