美容本『舟唄ビューティー』が話題!

肌のトラブルがほとんどナシ!!八代亜紀の“お手当て”美肌テク

2008.03.19 WED

八代亜紀さんがさまざまなアンチエイジングに挑戦する本『舟唄ビューティー』。この中で、八代さんは57歳(!)とは思えないナイスバディや、モチモチの美肌を惜しげもなく披露。そこで、八代亜紀さんに直撃取材! 美しさの秘訣をL25読者向けに伝授してくださいっとお会いしたら…近くで見てもしみもシワもほとんどない! スゴすぎ!! 20代からきちんとお手入れされていたんですよね…。

「20代のころは何もしてなかったの。きちんとケアしはじめたのは30代後半から。みなさんもまだ間に合うわよ(笑)」

マジ!? 日々どんなお手入れを?

「一番大事にしているのは“肌にやさしく”すること。なるべく肌に刺激を与えないようにしています。まず洗顔はたっぷり泡立てて。その後につける化粧水もコットンなどは使わずに、手でつけるの。手のひらで顔を包み込むようにやさしく。私はこれを“お肌の手当て”と呼んでいるんです。あとは、お湯の温度も大切。私は、洗顔は体温と同じぐらいの35~36℃、お風呂は38~39℃、髪は40度ぐらいで洗っています。夏も冬も日に焼けたときも、これは変わらず。極端に熱かったり冷たかったりすると、お肌がビックリして大きな負担がかかるんですよ」

また、ナイスバディ維持のために、毎日ハミガキをしながらスクワットを約100回(!)続けているとか。「素直に体が喜ぶことをしているだけ」と八代さん。自然体できちんと“続ける”ことが大事なんですねぇ。尊敬!

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト