避妊だけが目的だと思いがちだけど…

PMSの軽減などのメリットも!ピルの正確な基礎知識

2008.04.17 THU

避妊法として知られるピル。でも、それ以外の効果もあるよう。そこで、産婦人科医で医学博士の早川クリニック院長・早川篤正先生に聞きました。「ピルは、妊娠中に排卵を抑える『エストロゲン』と『プロゲステロン』という2種類のホルモンと同じ作用を持つ化学物質でできています。(1)排卵を抑える(2)子宮に作用し、子宮内膜を厚くしない(3)子宮の入り口の頸管粘液を硬めにし、精子の侵入を防ぐという3つの働きをし、避妊するのです。また(2)の働きにより、PMS(月経前症候群)が軽減されたり、アメリカでは(1)の作用で、卵巣がんや子宮内膜がんのリスクが減少するという調査結果も」。効果には個人差があるので、まずは医師に相談してみましょう。


関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト