存在が確認されて今年で1000年!

GWにあらためて読破したい「源氏物語」の魅力とは?

2008.04.24 THU

『源氏物語』が記録の上で初めて確認されてから、今年で1000年。悠久の時を越えて読み継がれてきたその魅力とは? 「『源氏物語』は光源氏を主人公にした長大な恋物語。“千年の時を経ても色あせない感性”が描かれていることが最大の魅力ですね。恋愛の苦悩や対人関係における奥ゆかしい配慮、四季に対する細やかな情緒など…。丁寧に描かれた日本的な美意識は、現代人が読んでも、すんなりと共感できるものばかり。『源氏物語』は、“日本人の美意識の故郷”ともいえる作品です」(園田学園女子大学・福嶋昭治教授)。光源氏が恋に落ちるのは、情熱系、クール系、小悪魔系と実に様々なタイプの女性たち。自らの恋愛情勢と重ねつつ、GWに読破する!?


関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト