写真、チケット、パンフレット…

思わず友達に見せたくなる“旅の思い出”整理術

2008.05.15 THU

せっかく旅行に行っても、写真はパソコンに落としたきり、地図やチケットも引き出しの奥に眠ったまま…。そんなアナタ、旅の思い出を楽しく振り返るために「スクラップブッキング」はいかが? 写真やコインなど思い出の品々を、シールやコメント書きによって飾りつけてアルバムを作る方法で、アメリカでは25億ドルの市場規模と言われ、日本でも人気が広がりつつあります。約10年前に娘さんの写真の整理にと始められ、その後、グッズの企画・販売や、イベントなどを手がける会社を設立した久米英美子さんに、その魅力を聞いてみました!

「旅行などひとつの出来事を十分に楽しめるのがいいですね。写真整理をしながら楽しかった出来事を思い出したり、かわいらしく出来上がったページを楽しめたり。一緒に写っている相手に見せて喜んでもらえるのもうれしい。それに、家族や友達の写真でスクラップしてそれを見せると、心が伝わります。『大好き!』や『ありがとう』の気持ちを伝えるのにもピッタリですよ」

周りの人とつながるツールにもなるなんてステキ 早速始めてみたい!

「まずは『プリクラの大人バージョン』のような遊び感覚で気軽に始めてみてください。コメント書きが恥ずかしくて書けないという人は、写っている人の名前と日付、場所を書き込むだけでもよいと思います。自分が楽しんで作ることが一番大切。『カワイイページができた~』と思えばそれでOKです!」

以下(※L25本誌では下に写真が表示されています。)に久米さんの作品を紹介。とってもかわいいので見てみて!

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト