拠出額が前年比31.3%減

日本のODAが世界第5位になぜ援助額を減らしてるの?

2008.05.15 THU

かつて世界一だった日本のODA(政府開発援助)が、今や世界第5位に。そもそもODAって何? 「世界人口60億人中、20億人以上を占める極貧の人々を助けるために各国が支援する資金です。欧米各国は貧困がテロの温床になるとODAを過去7年増やしてきましたが、同時期に日本は財政の悪化を理由に大幅削減し、順位が逆転したんです」(慶應義塾大学・草野厚教授)。ない袖は振れないとはいえ、どんどん減っていいの? 「第1位の必要はありませんが、日本は資源小国。食糧も石油も途上国に依存している点を忘れてはいけません」(同)。善意だけでなく、資源確保のための外交手段の意味合いもあるのだ。やはり「情けは人のためならず」なんですね。


関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト