メールでできるプチ自分アピール!

ビジネスで周りとちょっと差がつくPCメールの署名とは?

2008.09.25 THU

メールの最後につける署名、どんなものを使ってますか? 深く考えたことがなかったけど、マナーなんてあるの?

「ビジネスメールの署名には、連絡先を明記しておくことが大切。社名や名前だけでなく、住所、電話番号は必須。不在が多いなら、直通番号のほかに、携帯電話番号や代表番号なども入れるとより親切ですね。とはいえ、長すぎる署名は×。半角60ワード程度、4~5行くらいまでに収まるようにしましょう」

と言うのは、Eメールのポータルサイト、『コルタ』(http://colta.jp/)の池崎千賀子編集長。また、うっかりしがちなのが、半角カタカナや機種依存文字。相手のPC環境によっては、文字化けするので、署名に限らずメールでは使わないよう気をつけて。

ちなみに、絵などが入ったかわいい署名ってどうやって作るんでしょう…?

「手描きで下絵を描いてから、罫線や記号などを使って『メモ帳』などのテキストエディタ上に置き換えていくとやりやすいですよ。あらかじめ使えそうな文字の一覧を作っておくと組み合わせのイメージもしやすく、コピー&ペーストで作業できるので簡単です。また、例えば漢字の“田”をリボンをかけたプレゼントに見立てたりと、頭を柔らかくして発想すると面白いものが作れるはず。┃や┫などの罫線や、□■で英数字を作る方法は簡単なので初心者にもおすすめなのでチャレンジしてみてください」(同)

ただし、ビジネスメールならやりすぎは禁物。あくまでもおまけ要素と心得たうえで、ちょっぴり個性的な署名で周囲に差をつけちゃいましょう。

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト