麻生さんが新首相に決定!

日本の政治を牽引するトップ内閣総理大臣ってどう決まったの?

2008.10.09 THU

9月1日に福田前首相が突然の辞任を発表。福田内閣が9月24日午後に総辞職したことを受け、この日に行われた内閣総理大臣指名選挙で、麻生太郎氏が新首相に選ばれました。よく分からないうちにバタバタッと決まってしまった新首相ですが、どんなプロセスで決まったの?

「まず、9月22日に行われた自民党総裁選で選ばれたのが麻生氏です」(ジャーナリスト・上杉隆さん)

この時点で、麻生氏はまだ自民党の総裁(トップ)に決まっただけなんですね?

「内閣総理大臣を決めるのは、臨時国会で行われる内閣総理大臣指名投票によります。衆参両院の国会議員が首相にふさわしいと思う国会議員に投票し、それぞれの議院で過半数の票を集めた議員が指名されます。24日に行われた衆議院の本会議で首相に指名されたのが、自民党総裁の麻生氏。参議院では、民主党の代表・小沢一郎氏が指名されました」(同)

獲得票数は、衆議院の投票総数478票のうち、麻生氏が過半数の337票を獲得。参議院では、得票総数240票のうち小沢氏が125票を獲得した。

「今回のように衆議院と参議院の議決が異なった場合、憲法67条によって衆議院の議決を優越すると定められています。そこで、麻生氏に決まりました」(同)

前任の福田さん、前々任の安倍さんがそれぞれ1年という短い任期が続いてしまいました。麻生さんには、日本を引っ張る内閣総理大臣となってくれることを期待します!

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト