押し入れの奥に眠らせておくのはもったいない!

おいしいごはんが簡単に!“土鍋”でごはんをおいしく炊くコツ

2008.11.06 THU

うまみを引き出す遠赤外線効果が高いとされる土鍋は、炊飯に適した調理器具といわれます。でも炊き方のコツを知らないと、おこげができ過ぎたり、芯が残ったりと失敗しがち…。「研いだ後に1時間ほど浸水させ、その状態で米と水の量を1対1に。沸騰するまで強めの火で7~8分、沸騰したら細火にして3~4分。その後30秒ほどまた強火で炊いたら火を止めます。あとは土鍋の余熱で勝手に仕上がります」とは土鍋炊きごはんが評判の恵比寿の日本料理店「なすび亭」店主・吉岡さん。保温性抜群の土鍋なら、蒸らす間にも余熱で芯まで火が通り、炊きムラもなくなるとか。早速、左表を参照してふっくらつやつやごはんを楽しみましょ♪


関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト