予防にはマスク、うがい、手洗いを

インフルエンザは風邪の一部!?“風邪”とはどんな病気なの?

2008.12.18 THU

風邪が流行る季節の到来。インフルエンザも流行っているようですが、ただの風邪とインフルエンザは何が違うの?

「一般的に、熱や喉の痛み、鼻水、咳などの症状があると風邪といいますが、風邪という病気の意味するところは広い。花に桜や菊といった名称があるように、風邪にも“はしか”や“風疹”など様々な種類があり、インフルエンザも風邪の仲間です。ただし、症状が重い! 主な風邪の原因となるウイルスは、200種以上もあり、発生しやすい時期や症状が違う。冬は風邪の中でもインフルエンザが旬」(永寿堂医院 松永貞一院長)

では、風邪のような症状を医者に訴えたいときの、ポイントってありますか?

「38℃の熱が2日前から続くなど、具体的な症状を伝えることが大切。医師は症状から病原体=細菌やウイルスを推定し、その病原体を殺す薬を出す。的確な診断後の処方であれば、完治も早い」(同)

とはいうものの、風邪のウイルスに効く薬は少ないのが現状なんだそう。ならば、風邪をひかないことが一番!

「規則正しい生活、予防注射を打つ、あとはマスクとうがい、手洗い」(同)が主な予防法なんだそう。マスクは不織布タイプが、小さな細菌やウイルスを防げるのでおすすめ。また、病原体の侵入口となるのが喉なので、うがいをすることが大切なんだそう。インフルエンザが流行るこの季節、マスク&うがいを習慣にして、予防した方がよさそうです。

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト