木彫りの熊、ハワイTシャツ、下ネタ系…

職場の人からの微妙なお土産どんなコメントを返せばいい?

2009.03.26 THU

職場でもらう出張や休暇帰りのお土産。なかにはリアクションに困る微妙な物をもらうことも、ありますよね?

「とはいえビジネスシーンでは、それを表情に出すのはNG。相手が時間とお金をかけて選んでくれたことを考えて、笑顔で『ありがとうございます』と感謝の気持ちを伝えるのがマナーです」(ビジネスマナーに詳しい西出博子さん)

かたや、お土産には2パターンあり「チクリと本音を伝えた方がいい物も」と教えてくれたのは、ナイスコミュニケーション術をR25『プチ・スマートモテリーマン講座』で披露していた武田篤典さん。

「例えば、下ネタ系のおもちゃや個性的すぎる木彫りの置き物などを買ってくる人は、自分の価値観や個性を伝えたくてこういったものを選びます。この人たちは常習犯になりがちなので、あまりに度が過ぎる場合は『見て見て、●●さんからのお土産だよ』と周りに知らしめて見せしめにしたり、『こういうの好きな人いますよね』と、さりげなく自分の好みでないことをアピールしてみては? また『これからは“エロ奉行”って呼びますね』と不本意なニックネームをつければ、今後は買ってきにくくなるはずです。一方で、ベタなTシャツや産地不明のパウンドケーキなどを買ってくるタイプは義務感が強い人。この場合は素直に『ありがとう』と返すのでOKでしょう」

また防御策として、行き先を聞いて、欲しい物を先にリクエストするのもよいそう。早速試してみる!?

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト