専門家に聞きました!!

ケアベアのヒット、「ベア・ドゥ」の飛行機etc.女子が「クマ」キャラに惹かれる理由とは?

2009.06.11 THU

古くはパディントン、最近ではケアベアなど、今も昔も女子は「クマ」キャラが大好き。「クマ」キャラが日本でメジャーになったきっかけは? クママニアで蓼科テディベア美術館の宮内直哉さんに聞きました。

「テディベアの広がりが大きいと思います。クマのぬいぐるみは古くからあったのですが、実は、日本でテディベアという呼び方が広がったのは、ここ15年くらいなんです。90年代に入りテディベア愛好家の組織団体が設立されたり、伊豆のテディベアミュージアムや当美術館ができて、ファンたちにより、言葉が浸透したように思います。特に私は、クマの醸し出す優しくて穏やかな世界観に魅力を感じています」

私も含めて、どうして女子は「クマ」に惹かれるの? ご自身もクマ好きで知られる江戸川大学社会学部人間心理学科准教授の松田英子先生に伺いました。

「特に女性が惹かれるのは『イメージの投影』という心理メカニズムによると思います。クマの持つイメージとしてまずは“赤ちゃん”。母性を刺激し、自然に女性を引きつけます。また、クマならではのぽっこりとしたお腹から“お父さん”も想起できます。男性の中でも包容力のある温かそうなイメージ。母性を働かせ、理想の男性像を連想させるクマは、女心を絶妙に刺激しますね。また、『単純接触効果』という作用も働いています。クマのぬいぐるみは、幼い頃から接する機会が多いので、親しみを持つようになるのです」

男性の名前をつける人も多いみたい。女子の「クマ」キャラ好きには、理由があるのですね。

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト