洗濯物の悩みを解消!

ニオイがつかない、乾きやすくする…梅雨時の洗濯・室内干しのテクニック

2009.06.18 THU

梅雨時のお洗濯は、衣服が生乾きになってしまう…などの悩みがつきもの。キレイに洗うコツや早く乾かす方法って?

「室内干しの嫌なニオイの原因は洗濯物についた雑菌です。まずは洗濯物を溜め込まず、1回の洗濯量を少なめにして衣類の汚れをしっかり落としましょう。漂白剤や、すすぎの時に大さじ2~3杯のお酢を入れると除菌効果が高まりますよ。また、月1回程度は専用洗剤で洗濯槽の掃除も忘れずに。お風呂の残り湯は、湯垢などが雑菌繁殖の元になりやすいので使用を控えましょう。使う場合にも、最後のすすぎはなるべく水道水で行ってください」とは総合情報サイト・オールアバウト『洗濯』ガイドの毎田祥子さん。

ほかにも、洗剤は適量を守るのが鉄則。脱水後は洗濯物を濡れた状態で放置せず、すぐ取り出して干すのが肝心だそう。

「洗濯物は、湿気がこもりにくく、空気の流れがある広い場所に干すこと。生地が重ならないよう、風が当たる表面積を最大にとってください。扇風機などで直接衣類に風を当ててもOKです。換気扇や除湿器と併用すれば、湿気がこもらず早く乾きますよ。洗濯物の下に新聞紙や乾いたタオルを広げて湿気を吸い取らせるのもいいですね。また、干す前に衣類の温度を上げると水分が蒸発しやすくなるので、最後のすすぎに30~40度のぬるま湯を使ったり、脱水後に軽くアイロンを当ててから干すのも有効です」(同)

雨の日の洗濯対策。皆さんもぜひお試しください!

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト