ロゴ

30オトコが60歳まで働くとして、あと30年。「今の会社に未来を感じない!」「でも転職して失敗したら…」。職場にお手本もいないし、ボクらのキャリア、どうなっちゃうの? そんな悩みにヒントをおくれ! 給料?やりがい?
30男キャリア相談所
2
8歳女性社長・高橋祥子氏の「サボり癖回避法」とは?
2016.12.05 日本のゲノムビジネスにおいて、トップランナーの一人として注目されているのが、高橋祥子氏だ。東京大学大学院在学中に、日本初の遺伝子大規模解析サービスを個人向けに提供するスタ… 記事を読む
在宅勤務でしっかり働けるのか?」実践社員が語る
2016.11.29 週休3日制、副業、リモートワーク…オフィスや時間に縛られない働き方が拡がりつつある。一方で、“これまでの働き方”に慣れもある30オトコともなると、新しい働き方をすぐに選択… 記事を読む
Otaku”社長 リーダー論は『キングダム』に学べ
2016.11.28 日本のサブカルチャーを海外に向けて配信するメディアとEコマースを運営する「Tokyo Otaku Mode」。ユーザーの9割が日本人以外とあって、サイトはすべて英語表記。… 記事を読む
外に比べて何が×? 日本人の「5つのムダな働き方」
2016.11.22 「日本人は残業が多く、効率が悪い」――。よく耳にする言葉だが、公益財団法人日本生産性本部が2015年に発表した調査によると、日本の労働生産性は、OECD(経済協力加盟国)… 記事を読む
T
okyoOtakuMode小高社長「どこよりも早くまずやろう」
2016.11.21 「アニメ」や「マンガ」、「ゲーム」などのジャパン・カルチャーを海外に発信している「Tokyo Otaku Mode」。2011年にFacebookで商品や情報を英語で紹介… 記事を読む
宅、リモート…新たな働き方浸透の鍵は●●にアリ
2016.11.15 リモートワークに週休3日制、副業…自由な働き方をサポートする制度の導入を耳にする一方、経験したことがある人はまだまだ少ない。メリットばかりが強調されるが、新しい働き方を取… 記事を読む
残業しろ」のノリで社会を変えられないのはなぜか?
2016.11.14 「社会問題の現場を訪ねる」という、これまでにない“スタディツアー”を展開する旅行会社「リディラバ」。2013年の事業化以来、社長の安部敏樹氏のもとには、大手企業から転職し… 記事を読む
ディラバ安部氏「“ライスワーク”で心燃えるのか?」
2016.11.07 「社会問題の現場を実際に訪れるツアー」を提供する、一風変わった旅行会社、リディラバ。福祉作業所や自衛隊駐屯施設を訪れるツアーや、風俗嬢とラブホでおしゃべりするツアーまで、… 記事を読む
業減、有休は義務…「労働基準法」改正後どうなる?
2016.11.05 労働者の残業時間に対する議論が白熱するなか、厚生労働省は世界初の「過労死白書」を発表。過労死ラインとされる月80時間超の残業をしている労働者がいる企業が、全体の2割以上に… 記事を読む
やりたいこと見つからない」なんて悩みは「最低!」
2016.10.31 26歳でzetton(ゼットン)を創業し、ハワイアン・カフェ&ダイニング「ALOHA TABLE」など、ヒットする飲食店を数多く手がけてきた稲本健一会長。現在、国内外で展… 記事を読む
z
etton稲本会長「一人で飲むなんてやめたほうがいい」
2016.10.24 ハワイアンカフェ&ダイニングの「Aloha Table」、渋谷「神南軒」、東京ミッドタウン「orange」など、数々の人気飲食店を展開するzetton(ゼットン)。創業者… 記事を読む
ラック企業が話題なのに…なぜ「労働組合」は減少?
2016.10.19 社員の働く環境を良くするため、会社に対してさまざまな運動を行う「労働組合(労組)」。メンバーは社員自身であり、経営陣と労働条件を交渉するのが主な活動で、「土日に組合活動に… 記事を読む
屋万年堂社長「“やりがい”だけでは立ちゆかない」
2016.10.18 みずほ銀行を退職し、ナボナで有名な亀屋万年堂を継いだ引地大介さんは、提案書制度(前編 )のほかに、「数字の開示」を試みた。役員しか知り得なかった情報をオープンにして、社員… 記事を読む
男がいいパンツをはけば、社会が変わる」社長の野望
2016.10.17 日本の職人が手縫いで仕上げたハイクオリティな“男性向けアンダーウエア”のメーカー「TOOT」。代表取締役社長の枡野恵也氏は、東京大学法学部卒、マッキンゼー・アンド・カンパ… 記事を読む
周りと同じ安心”を捨て、いいジョブホッパーになれ
2016.10.10 男性向けアンダーウエアブランド「TOOT」。しっかりした縫製とクオリティの高さもさることながら、カラフルで遊び心に富んだデザインに定評がある。 ブランドを率いるのが、枡… 記事を読む
ずほ銀行→「ナボナ」へ…社員を変えた29歳社長の秘策
2016.10.04 「先代までは、変化を嫌う社風でした」――。そう家業を振り返るのは、亀屋万年堂の代表取締役社長、引地大介さん。元プロ野球選手、王 貞治氏のポスターを目にしたこともあるだろう… 記事を読む
S
OD社長「AVは『マーケティング』ではつくれない!」
2016.10.03 アダルトデジタルコンテンツ市場のリーディングカンパニー、ソフト・オン・デマンド(以下、SOD)。今年、創立20周年を目前に創業者・高橋がなり氏からの「つまらなくなった会社… 記事を読む
入企業増えていく!? 「裁量労働制」最新事情
2016.10.01 働き方が多様化している現在、業務の進め方や時間配分を労働者の裁量に委ねる「裁量労働制」で働くビジネスマンも少なくないだろう。裁量労働制を導入する企業は増えていくのだろうか… 記事を読む
S
OD新社長「AV監督初作品で大コケ」おかげで社長に!?
2016.09.28 1995年に高橋がなり氏によって設立された大手アダルトコンテンツメーカー、ソフト・オン・デマンド(以下、SOD)。「全裸シリーズ」や「マジックミラー号」など、斬新な作品を… 記事を読む
舗家業の“文化”を変えた元広告マンの取り組みとは?
2016.09.20 広告代理店の博報堂から、家業のジュエリー製造販売の会社へ。兄がいながらも継ぐ意志がないと聞き、梶田謙吾さんは家業に入ることを決意する(前編)。サラリーマン時代の経験を、家… 記事を読む
周りがダメ先輩ばかりなら、YouTubeを見ればいい」
2016.09.12 全自動のクラウド会計ソフトを展開するfreee。代表取締役の佐々木大輔氏は、博報堂やGoogleを経て31歳で同社を創業した。人もうらやむ華やかなキャリア。しかし、佐々木… 記事を読む
報堂→老舗宝石商、次男が選んだ家業への道
2016.09.06 会社員を経験し、家業の跡継ぎになることを決めた人は、サラリーマン時代の経験をどのように生かしているのだろうか。博報堂でマーケティングを担当していた梶田謙吾さんは、入社5年… 記事を読む
先輩を飲みに誘う」なら、どんな人と行くべきか?
2016.09.05 シェアNo.1のクラウド型会計ソフトを展開する「freee」。代表取締役の佐々木大輔氏は、博報堂やGoogleを経て、2012年に同社を設立した。会社員時代には「超優秀な… 記事を読む
D
MM亀山会長 一緒に働きたいのは「金盗まない人」!?
2016.08.29 快進撃を続けるDMM.comグループ。従業員1650名の巨大グループ企業を一代で築き上げたのが創業者の亀山敬司会長だ。人材発掘にも力を入れており、「儲け話なら分野不問」「… 記事を読む
業必見! 元証券マンが語る“愛される”秘訣とは?
2016.08.23 一方、会社員としての “苦い失敗”も家業の運営に役立っているという。 諸田さんが前職で高い営業スキルを身に付けられたのは、先輩からの厳しい教育によるものが大きかった。自… 記事を読む
D
MM亀山会長「結婚も仕事も、電卓叩いてちゃダメ」
2016.08.22 ネット通販やアダルト、ゲームから英会話、証券、果ては除草用のヤギのレンタルまで、多種多様なサービスを展開する「DMM.com」。最近では新規事業でアフリカに進出するなどマ… 記事を読む
会社辞めたい…」20代男の転職“躊躇”理由TOP10
2016.08.16 「新卒一括採用」について8月4日、世耕弘成経済産業大臣が、「見直しを促す」と示して話題になった。「かなりの比率で新入社員が辞めている」などと理由を述べたが、退職はせずとも… 記事を読む
継ぎへの道は突然に… 証券マンが継いだ家業とは?
2016.08.10 サラリーマン経験を経て、家業を継いだ人にインタビューをする本連載。今回訪ねたのは、仏壇・仏具専門店「三善堂」の常務取締役である諸田徳太郎さん。野村證券で約6年の営業を務め… 記事を読む
木のカメラ王「仕事の挫折じゃ死なない」成長論
2016.08.08 “栃木最強のカメラ屋”と称されるサトーカメラ。大手家電チェーンの出店が相次ぐ栃木県において、17年連続でカメラ売上高トップを走っている。 一人ひとりの客にとことん向き合… 記事を読む
新人時代の雑用」意味ある? 20代と30代で意見逆転
2016.08.02 多くの企業がグローバル化を志向している昨今、企業の人材育成の分野でも、「若いうちは黙って雑用だけしてればいいんだ」「習うんじゃなく見て盗め」なんていう旧来の師弟制的な教育… 記事を読む
木のカメラ王「仕事を趣味にしちゃえばいいんだよ」
2016.08.01 大手家電量販店がひしめく栃木県宇都宮市。ここに本社を構えるサトーカメラは、全国的には無名の存在。しかし、地元・栃木県内においては、17年連続カメラ販売でトップシェアを誇っ… 記事を読む
小学生向けのビジネススキル教室」登場! 何を学ぶの?
2016.07.30 文部科学省が改訂を進める「次期学習指導要領」。“脱ゆとり”が宣言され、次世代の子どもには基礎力・思考力・実践力から成る“21世紀型能力”が必要になるとされている。教育に求… 記事を読む
1
位は「退社時間」… 転職して感じたストレスTOP10 
2016.07.27 転職活動を終え、新しい職場へ――。心機一転スタートを切ったものの、全く違う環境や人間関係に戸惑い、ストレスを感じるビジネスマンも少なくないだろう。では、転職者は新しい職場… 記事を読む
ンサル→実家の食堂へ… 家業と会社員の“違い”とは
2016.07.26 経営コンサルティング会社を経て、実家「ときわ食堂」の店主となった牧 信真さん(前編)。ビジネスマン時代とは、人間関係など様々なことが違うはず。会社員を経験したからこそでき… 記事を読む
浜DeNAベイスターズ社長「歴史を学ばないと仕事はできない」
2016.07.18 以前は大手商社や広告代理店でキャリアを積んだという異色の経歴の持ち主、「横浜DeNAベイスターズ」池田 純社長。多種多様な業種に携わってきた池田氏だけに、これまで様々な部… 記事を読む
スタートで“出遅れる”経験」は会社員のうちに!?
2016.07.14 「サラリーマンから実家の跡を継いだ人」を追う本連載。今回は、浅草は雷門のほど近くで大正11年創業の老舗「ときわ食堂」を営む牧 信真さんに話を聞いた。元は経営コンサルティン… 記事を読む
浜DeNAベイスターズ社長「若さの武器は“遊ぶ力”」
2016.07.12 2011年、親会社の買収にともない生まれ変わったプロ野球球団「横浜DeNAベイスターズ」。かつてお荷物球団とも囁かれ、ファン離れの憂き目にあったベイスターズは4年間で観客… 記事を読む
歴書「趣味特技欄」詳しく書くのはNGだった?
2016.07.05 転職活動に欠かせない「履歴書」。志望動機やアピールポイントを企業に伝えるツールだが、一見仕事に関係なさそうな「趣味・特技」という欄が設けられている履歴書もある。そもそも転… 記事を読む
なよなエール社長語る 小さいチームで“勝つ”術
2016.07.04 「よなよなエール」など、個性的なクラフトビールの製造・販売で知られるヤッホーブルーイング。老舗の大手企業が大きなシェアを握るビール業界にあって、新規参入ながら確かな存在感… 記事を読む
社員→松乃鮨4代目「当たり前でないサービスを」
2016.06.28 家業を継ぐことになった元サラリーマンは、どんな心境で、どのように会社員としての経験を生かしているのだろうか? 海外でスキーガイドとして3年間の会社員生活を送った後、現在は… 記事を読む
なよなエール・井手社長語る「40歳でやっと天職に」
2016.06.27 クラフトビール「よなよなエール」で知られるヤッホーブルーイング。代表取締役社長の井手直行氏は、電機メーカー、環境アセスメント会社、広告代理店と、異色のキャリアを歩んできた… 記事を読む
ャットやビデオ会議を想定! 新形式TOEICの要点
2016.06.21 英語能力を測定する「TOEICテスト」。受験者数は2013年度が約236.1万人、2014年度が約240万人、2015年度が約255.6万人と、年々増加している。昇進や海… 記事を読む
引先とスプラッシュマウンテン!未来を開く接待術
2016.06.20 「接待が苦手…」と感じている人は少なくないだろう。そこで、接待・幹事にまつわる苦手意識を払しょくし、前向きに取り組むための心得について、「クリエイト・レストランツ・ホール… 記事を読む
行会社勤務から老舗寿司店の4代目に!?
2016.06.14 「サラリーマンを経て家業を継ぐ」――会社で働いていた頃の経験は、どのように現在に生きてくるのだろうか。今回は、かつて旅行会社のプロのスキーガイドとして、ヨーロッパを飛び回… 記事を読む
丸水産に学ぶ!「リサーチは無意味」の仕事論
2016.06.13 海鮮居酒屋「磯丸水産」などを傘下に持つ「クリエイト・レストランツ・ホールディングス」。市場の縮小化など外食産業に逆風が吹くなか、国内外への積極的な出店で増収増益を続けてい… 記事を読む
末は損!? 税金・保険料から考える「退職タイミング」
2016.06.09 仕事を辞める理由は人それぞれだが、退職するタイミングはどのように選んでいるだろうか。任されている仕事が終わったら? キリのいい年度末? 退職経験のある20~39歳の男性ビ… 記事を読む
舗企業でのチャレンジ方法「オーバーな夢を描く」
2016.06.06 銀色の仁丹で知られる「森下仁丹」。創業123年の老舗企業は数年前から、最先端のカプセル事業で業績を伸ばしている。新事業へ乗り出し成功をおさめた駒村純一社長に、チャレンジの… 記事を読む
歴はもちろんだけど…転職で「学歴」は重視される?
2016.05.31 新卒の就活時には、公ではないにしても「学歴」が採用に影響することもあるという。では、転職時には学歴は武器としてどれぐらい通用するのだろうか? 「法律や研究職など、大学・… 記事を読む
下仁丹・駒村社長「仕事は決して“苦役”ではない」
2016.05.30 いつの時代もサラリーマンを悩ませるのは、理不尽な上司・先輩の存在だ。「目の上のたんこぶ」に、どう対処すればいいのか? 大手総合商社、イタリアMiteni社社長を経て創業1… 記事を読む
舗テーラー3代目「失敗は会社員時代の特権だった」
2016.05.24 サラリーマンから転身し、家業を継いだ「後継者」に会社員時代を振り返ってもらうこの連載。IT系企業「ワークスアプリケーションズ」から老舗のスーツ店「銀座英國屋」3代目に就任… 記事を読む
刺交換どまり…付き合い下手は「ラブレターを書け」
2016.05.23 住人と街の人が交流し一緒に育てるシェアハウスや、カスタマイズ可能な賃貸マンションなどを手掛ける「メゾン青樹」という会社がある。暮らしをテーマに様々な領域で仕事をする代表・… 記事を読む
りがち“盛り経歴”…「絶対NG」のボーダーライン
2016.05.23 転職活動につきものの履歴書と職務経歴書。これらを書くとき、誇張したり、隠したりしたくなる経歴もあるだろう。実際、“盛って”書いた場合、どのあたりが違法になったり、解雇事由… 記事を読む
ぐ気「ほとんどなかった」銀座英國屋3代目、人生の転機とは
2016.05.17 実家が“家業”を営んでいるなら人なら30代に差し掛かると、実家の「跡継ぎ問題」を意識することも少なくないはず。サラリーマンとしての経験は家業の経営に役立つのだろうか? 日… 記事を読む
大企業の社員ほど自分のキャッチコピーをつけろ」
2016.05.16 「メゾン青樹」という会社をご存じだろうか。壁紙を住人が選べたり、セルフリノベーションも可能だったりする賃貸マンション「ロイヤルアネックス」や、住民同士の関係が深い“みんな… 記事を読む
マイルズ遠山氏「つまらない仕事ほどやりがいある」
2016.05.09 「仕事にやりがいを感じられない」「楽しくない」「つまらない」…。多くのビジネスマンが感じたことがあるであろう、重要な問題だ。 「Soup Stock Tokyo」などを… 記事を読む
心の病気」から復職 「頑張れは禁句」は本当?
2016.05.03 ストレスの多い現代社会。会社の同僚や後輩が「“心の病気”で休職してしまった」というケースも少なくないはず。そんな同僚が復帰してきた時にはどんなふうに接したらいいんだろう?… 記事を読む
分は小旅行! 都心近郊“里山里海”シェアオフィス
2016.05.02 ちょっと気分を変えて仕事をしたくなった時に、都心のカフェやシェアオフィスを利用するビジネスマンが増えているという。確かに近場での気分転換は手軽で便利だが、少し離れた場所に… 記事を読む
大企業勤めは転職に有利」は本当なのか?
2016.04.26 今年1~3月、東芝で早期退職者の募集が行われました。その後、東芝の早期退職者に対して、各社の中途採用担当者から熱い視線が注がれているというニュースが。リストラの対象になっ… 記事を読む
マイルズ遠山氏「子どものころからの夢を叶える術」
2016.04.25 会社員もしばらくやると、次第に仕事がマンネリ化する。何かに挑戦したい欲求が芽生えてくることもあるだろう。 「Soup Stock Tokyo」などを運営するスマイルズの… 記事を読む
生姜・岩下社長「広く浅くでは大した仕事できない」
2016.04.11 「10年後も今の仕事で食べていけるのか? 10年後に今の仕事があるのか?」今や多くの会社員が抱える不安ではないだろうか。「岩下の新生姜」で知られる岩下食品も、逆風に立ち向… 記事を読む
新生姜ミュージアム」岩下社長の“振り切り”仕事論
2016.03.28 「岩下の新生姜」で知られる岩下食品。同社が昨年オープンした「岩下の新生姜ミュージアム」は話題を呼んだ。ピンク一色の館内に、新生姜をテーマにした数々の珍妙な展示物…。訪れる… 記事を読む
ルク佐渡島氏「企画を通すコツは“上司に相談しない”」
2016.01.04 若手社員ならではの悩みを個性派経営者にぶつけ、意見を授かる連載。ビジネスの最前線を走るリーダーの金言には、明日への扉を開くヒントがあるかもしれない。 お話を伺うのは、講… 記事を読む
W
antedly仲暁子 ティッシュ配りで学んだ仕事を楽しむ方法
2015.12.07 若手社員ならではの悩みを個性派経営者にぶつけ、意見を授かる連載。ビジネスの最前線を走るリーダーの金言には、明日への扉を開くヒントがあるかもしれない。 お話を伺うのは、ウ… 記事を読む