ロゴ

父親って子供とどんなふうに過ごしたらいいんだろう? まだ独身のみなさんはもちろん、 すでに結婚して息子や娘がいるパパも抱えるこの問題。様々なシーンでの子供との関わり 方をテーマに男の子育てを特集していきます。 格好いいパパに!オトコの子育て道場
らぬ間に子を追い込む“子育てのダブルバインド”って何?
2016.12.05 “ダブルバインド”という言葉を知っていますか? 多くの人が耳慣れない言葉なのではないでしょうか? しかし実は、知らぬ間に多くの親御さんが“ダブルバインド=二重拘束”という… 記事を読む
0
歳でもOK!楽しみ方から教えてくれるクラシックコンサート
2016.11.22 子連れでの芸術体験として、とりわけハードルが高いのがクラシック音楽の鑑賞。基本的に座りっぱなしで飲食禁止、食べ物でなだめるわけにもいかず、騒ぎ始めたからといって外に連れ出… 記事を読む
児をしない夫をイクメンにする魔法のひと言とは
2016.11.04 赤ちゃんが泣いていても知らんぷり。オムツ交換をしようともしないパパ。「なんでうちのパパは育児を手伝ってくれないのだろう…」と半ば諦め気味のママもなかにはいるはず。でももし… 記事を読む
いい子”が犯罪者に…。そこまで追いつめたものとは?
2016.11.01 日々のニュースから流れてくる事件の数々。そんななかで、犯罪者が過去は“いい子だった”という言葉にハッとさせられることも多い。また、身近でも、“あのいい子が?”と、いい子が… 記事を読む
原類からメッセージ・僕が“子育て”で大切だと思うこと
2016.10.31 自身の生い立ちから現在までの道のりを語る自伝的1冊『発達障害の僕が輝ける場所をみつけられた理由』(KADOKAWA)を刊行した栗原類(21)を記者が直撃。栗原が、日々子育… 記事を読む
事代行ってどんなことまでしてくれるの?
2016.10.30 「仕事も、家事も、すべて自分できちんとやり切りたい」。そう思うものの、実際に始めてみると、時間的余裕がないことに気づくこともやまやま。最近では、家事代行サービスを利用して… 記事を読む
性の親子っていつまで一緒にお風呂に入っていいの?
2016.10.30 「今は異性の子どもとお風呂に入っているけれど、何歳くらいで別々に入るべき?」と、卒入浴(親との入浴を卒業する)をいつにすべきか、迷っているパパママが多いようです。世間一般… 記事を読む
人も子供も楽しめる「絵本の原画」を展示する美術館
2016.10.13 美術館は小さい子供を連れていくには、いささかハードルが高い場所。なるべく早いうちから芸術体験をさせたいとは思いつつ、騒いでしまわないか、そもそも“芸術作品”を見せたとして… 記事を読む
互い様の精神で、泣く子も育てる「乳児OK映画」体験
2016.09.23 乳幼児がいると、いろいろな場所に行くことができ なくなるもの。総合芸術といわれる映画もその一つですね。上映中、静まり返る場内でギャン泣きしだしたら…、おむつからウンの悪い… 記事を読む
慎重」or「大胆」我が子に望む性格はどっち?
2016.09.14 「慎重かつ大胆に」――とは、某クイズ番組の名ゼリフだが、両方の性格を兼ね備えるのはなかなか難しいもの。では、ふと自分の性格を思い返したとき、「慎重」と「大胆」どちらに近い… 記事を読む
イズ番組の答えをスマホでこっそり調べるパパ2割
2016.09.09 大人は子どもの前では何かとカッコつけたくなるもの。それが我が子ならその思いはさらに強くなるだろう。では、世のパパたちは子どもの前でどんな“見栄”を張っているのか。「遊び」… 記事を読む
どもが生まれて「“親ばか”自覚した」●割超
2016.08.12 子どもが誕生すると、パパといえど変化を求められるのは当然のこと。自分で意識をしていなくても行動や考えが自然に変わっていくこともあるだろう。では、世のパパたちはどんな時に自… 記事を読む
どもと楽しむ、初めての寄席体験「THEこども寄席」
2016.08.04 我が子の成長を願う親なら、元気いっぱい外で遊んで欲しい…と思う一方、「勉強や芸術にも親しんで欲しい」と願うはず。そこで、親子で参加できる芸術系スポットを紹介するのが本連載… 記事を読む
どもの誕生でパパの「長生き願望」はどう変わる?
2016.07.20 子どもが誕生すると、「いつでも、いつまでも一緒にいたい」…そんな感情を抱くのは親として当然だろう。となると、健康面への意識や長生きへの願望も変わってくるのだろうか。そこで… 記事を読む
どもが生まれると「政治への関心」高まるパパ●割
2016.07.13 参議院議員選挙が終わり、全体の投票率は54.70%という結果に。前回より2.09ポイント上昇もこれは戦後4番目の低水準だった。選挙に行った人、行かなかった人それぞれいると… 記事を読む
事との付き合い方は子どもの誕生でどう変わる?
2016.07.08 子どもが生まれても、仕事も育児も頑張りたい…そんなパパが増えてきた昨今。とはいえ、生まれてからしばらくは、初めてのことも多く戸惑ったり、夜泣きに悩まされたり…両立が難しく… 記事を読む
どもが生まれると夫婦関係はどう変わる?
2016.07.03 子どもが生まれると、夫はないがしろに…。そんなことは想像したくないが、事実、既婚者からはそんなボヤキを聞くことがある。夫婦の関係は、子どもの誕生によってどんなふうに変わる… 記事を読む
パの10人に1人が「イクメンブルー」!?
2016.06.22 仕事に家事に育児に、様々なタスクを抱える世のパパたちは家庭のことをどれくらいできているのだろうか。イクメンとしての自己評価は? プレッシャーやそのはけ口は? 未就学児を持… 記事を読む
マから見ると不合格?イクメン認定1割にも満たず
2016.06.16 「育児はママがするもの」なんて価値観は今や昔。積極的に育児に取り組む「イクメン」の存在は、年々定着しつつあるようだ。しかしなかには、本人はイクメンのつもりでも、ママから見… 記事を読む
1
00人のパパに聞く!子育てと仕事どっちが大変?
2016.06.14 夫婦共働きでの子育てが当たり前になった昨今、男性は仕事だけやっていればいいという時代ではなくなっている。独身者のなかには、「今でさえ仕事に追われてアップアップしているのに… 記事を読む
なんちゃってイクメン」診断チェックリスト9
2016.06.02 育児に積極的な男性が増えた一方で、実は出すのは口ばかりで「俺ってイクメン」と勘違いしている人もいる。奥さんをはじめとした周囲の人たちから、「なんちゃってイクメン」だと思わ… 記事を読む
間たちと一緒に波に乗る!江ノ島のサーフィン教室
2016.05.25 マリンスポーツの代表格であるサーフィン。2020年の東京オリンピックでは正式種目の候補になっており、今年8月の決定に向けて盛り上がりを見せています。 そのサーフィンを小… 記事を読む
子で参加!ロシア武術「システマ」で身体能力アップ
2016.05.17 最近、格闘技・武道界隈で注目となっているのがロシア武術「システマ」。なんでも呼吸を大事にし、体に打撃が当たる際にも筋肉に力をいれて防ぐのではなく、あえて脱力して打撃を受け… 記事を読む
来は大道芸人?数学者?「ジャグリング」で集中力UP
2016.05.10 ボール、クラブ(こん棒)、中国ゴマなど物を使った曲芸を見せるジャグリング。大道芸のパフォーマンスとして知られる一方、スポーツとしての側面もあるという。 メディア出演やジ… 記事を読む
分はスナイパー! 己に打ち勝つライフル射撃体験
2016.05.03 ライフルを構え、照準を合わせ、針の穴を通す精度でターゲットを狙う…。「スナイパー」たちが集うこの場所は、目黒区立中央体育館の会議室。毎週土曜日、2020年東京オリンピック… 記事を読む
べての競技に通じる「トランポリン」の空中感覚
2016.04.26 2000年のシドニーオリンピックから正式種目となった「トランポリン」。アクロバティックな空中での演技が魅力で、かつエクササイズとしても効果的なことから人気となっている模様… 記事を読む
と靴が「楽器」!キッズタップ
2016.04.19 軽快なステップでリズムを刻むタップダンス。大人の習い事として根強い人気がありますが、実はキッズ向けの教室も数多く存在します。高田馬場と所沢にスタジオを持つ「冨田かおるタッ… 記事を読む
人よりも上達が早い!? キッズ乗馬教室
2016.04.06 ほとんどのスポーツではなにかハンデをつけないと、大人と子供が本気の勝負を楽しむことはできません。しかし、生き物をパートナーとする「乗馬」であれば話は別のようです。 こち… 記事を読む
六厘舎」店主も講師に!親子ラーメン作り体験教室
2016.04.03 「らあめん元~HAJIME~」(板橋区)や「油そば専門店GACHI」(新宿区)といった都内の人気店をはじめ、全国各地から注目のラーメン店が集結するイベント、「最強ラーメン… 記事を読む
マが子供と行きたくないレジャースポットTOP10
2016.04.02 年度末の慌ただしさも過ぎ去り、この春はたっぷりと家族サービスをしようと考えているパパも多いはず。でも、パパが1人で盛り上がってレジャーの計画をたててしまい、ママは密かにゲ… 記事を読む
くない格闘技、フェンシング教室
2016.03.30 マルシェ、ロンペ、マルシェ、ファンデヴ! フランス語で発せられる先生の掛け声とともに、前進、後退、前進、そして突きを放つ剣士たち。ここは、目黒区自由が丘にある「東京フェン… 記事を読む
体育会系or文化系」父の理想は…
2016.03.26 「体育会系は就職に有利」なんて言葉はよく聞く話。体力や忍耐力があり、礼儀作法もしっかりしているなど、企業に好まれる要素が培われそうではある。実際、スポーツと縁がない「文化… 記事を読む
ロの指導を体感!ボクシング教室
2016.03.23 谷亮子が7歳、石川遼が6歳、伊調馨が3歳…。超がつくほどの一流スポーツ選手を見渡せば、「やはり幼少期から競技を始なければその高みには行き着けないのか」と思わされる例は多い… 記事を読む
語も学べる!ボルダリング初体験
2016.03.16 岩などを己の手足のみで登るスポーツ・ボルダリングが、ここ最近話題となっています。とりわけ、人気なのが天候などに左右されず比較的安全に楽しめる人工の岩(壁)を使った室内ボル… 記事を読む
分はレーサー!本物のバイク体験
2016.03.09 子供の体力向上のため、何か習い事をさせたいと考えているパパは多いのではないでしょうか。スポーツ関連のスクールというと、野球やサッカー、水泳などが思い浮かびますが、子供の可… 記事を読む
パ懺悔!子育ての“後悔”TOP5
2016.03.04 「孝行をしたい時分に親は無し」。そんな言葉があるように、後悔は取り返しがつかなくなってから訪れるもの。それは生んでくれた親に対してだけでなく、生まれてくれた我が子に対して… 記事を読む
育て「今では懐かしい経験」TOP5
2016.03.02 「子育ては3カ月までが大変」「イヤイヤ期に突入する2歳児が最も手が掛かる」「5歳が一番生意気で…」など、人によって様々な意見がある“子育て大変期”。なかには、今まさに幼子… 記事を読む
どもは文系?理系?パパの葛藤
2016.02.26 社会人なら一度は「学生時代にもっと勉強しておけばよかった」なんて後悔が頭をよぎったことがあるだろう。たとえばそれは、大学の専攻で理系(もしくは文系)を選択していれば人生が… 記事を読む
ルカラー写真が「4色」で作れる謎
2016.02.17 図工の授業で絵を描く時、絵の具を混ぜて色を作りましたよね。赤に青を混ぜると紫になったり、黄色に青を混ぜると緑になったり…。時には思いもよらない色ができるのがとても不思議で… 記事を読む
角いしゃぼん玉が出来ない理由
2016.02.10 ふわふわと空中を漂い、いずれ儚く割れてしまう「しゃぼん玉」。昔も今も、幼い子供たちの人気の遊びでありながら、大人にも魅力的な存在です。そんなしゃぼん玉で、科学の勉強ができ… 記事を読む
化学への興味倍増!実験キット
2016.02.03 小学生時代、理科室で授業があるとなんだかワクワクしましたよね。棚にならんだビーカーや試験管、薬品が作るなんともいえないあの雰囲気…。 そんな理科室の気分を、家庭で体験で… 記事を読む
ケットで学ぶ「空気実験」セット
2016.01.27 目には見えないけど、私たちの周りに存在している空気。扇風機や掃除機など、子供たちの身の回りにも空気の力が関わっているものがたくさんあります。 そんな空気の不思議を楽しみ… 記事を読む
育て中ママ「夫への不満」1位は
2016.01.22 子育てに積極的なパパ=イクメンが増えたなんていわれる昨今。もしかしたら「自分はイクメンだ」なんて自負しているパパも多いかもしれない。だが、ママたちに言わせると、子育てで協… 記事を読む
人もハマる不思議な錯覚体験
2016.01.20 実際は大きさに差が無いのに、大小がついて見える。あるはずの無いものが見えてくる。目の錯覚は、大人にとっても不思議なものですよね。それが自分で作ったもので体験できるとなれば… 記事を読む
ビングで「雪の結晶」を生体験!
2016.01.13 「パパ、雪ってどうやって降ってくるの?」と子供に聞かれたら、すらすら答えることができますか? 空から白くて冷たいものがフワフワと降ってくるなんて、子供にとっては不思議なこ… 記事を読む
菜からハガキを作る!?スゴ技玩具
2016.01.08 子供に買い与えるオモチャはどんなものがよいのか。悩むお父さんもいるでしょう。キャラもので子供への点数稼ぎをするのも良いですが、「科学・知育おもちゃ」という選択肢もありだと… 記事を読む
父母と孫がケンカ…パパの対処法
2016.01.01 子どもが幼稚園~小学生くらいになると、1人で祖父母の家にお泊まりさせることもある。年末年始の期間を利用して「かわいい子に旅をさせよう」と考えるパパ・ママもいるかもしれない… 記事を読む
供と作るソバ春巻で年越しを!
2015.12.30 なにかと忙しい年末年始。お酒を飲む大人用、ご飯のおかずが欲しい子供用とメニューを作り分けるのは手間ですからね、ツマミにもおかずにもなるメニューは重宝するもの。 そんな都… 記事を読む
クボスには「MBAよりPTA」
2015.12.25 [対談]乙武洋匡×安藤哲也「父として、社会を考える」(4) 夫婦共働きでの育児が一般的になり、女性の社会進出とともに“イクメン”という言葉も広まった。だが、その実態はど… 記事を読む
ニーの科学館でバトル勃発!?
2015.12.23 ――時は銀河世紀20XX年。混乱の時代に突入した宇宙では、激しい戦いが繰り広げられていた。しかし、平和を望む10の惑星の間で「サイエンスバトル構想」が浮上。無益な戦いでは… 記事を読む
少子化問題”なんて存在しない?
2015.12.18 [対談]乙武洋匡×安藤哲也「父として、社会を考える」(3) ファザーリング・ジャパン代表の安藤哲也氏は、少子化が問題視されるようになった1990年代から現在にかけて、少… 記事を読む
リスマスに使える簡単珍ナゲット
2015.12.16 子供ってナゲットが好きですよねえ。ハンバーガー店に行くと、必ずと言っていいほど、サイドメニューのナゲットをおねだりされませんか? 同じ鶏肉を揚げたものでも、唐揚げに比べ… 記事を読む
力発電で作れる電気はどのくらい?
2015.12.09 学生時代に授業で習ったことはすっかり忘れていても、夢中になったゲームの攻略方法はいくつになっても覚えているもの。楽しかったこと、興味を持ったことは記憶にも残りやすいようで… 記事を読む
育てに税金を投入することの是非
2015.12.04 [対談]乙武洋匡×安藤哲也「父として、社会を考える」(1) 日本のひとり親家庭の貧困率は、先進国のなかでワースト1となる54.6%。ひとり親家庭等の生活の安定と自立をサ… 記事を読む
パの株が上がる!? 簡単押し寿司
2015.11.27 子供と一緒に作る料理の定番、手巻き寿司。休みの日には、家族揃って手巻き寿司パーティーを楽しむパパも多いのでは? この手巻き寿司、確かに子供にも簡単にできる“寿司”ではあ… 記事を読む
供が「パパっ子」になるテク5選
2015.11.25 子供を持ったからには、できればパパ大好きな「パパっ子」になってほしいもの。そのためには、日々の生活でどのように子供と触れ合えばいいのだろう? 親子の愛情関係の築き方を啓蒙… 記事を読む
検隊の気分で動物標本を観察!
2015.11.21 国内最大規模の総合科学博物館である上野の国立科学博物館(以下、科博〈かはく〉)。今年の7月に地球館の一部がリニューアルし、地下1階の恐竜を含む展示や科学技術を触って体験で… 記事を読む
ャガイモで作る2色ニョッキ
2015.11.13 男の料理。そう聞くと、見た目にはあまりこだわらず、無骨に大きめに切った食材を素朴な味付けで仕上げる…といったイメージを持つ人が多いのでは? しかし、それだと子供と一緒に作… 記事を読む
学を「体験」して学ぶ理数教室
2015.11.11 子供のころから、いや大人になってもなお「数学は何の役に立つのか」という疑問を抱いている人は多いのではないでしょうか。 東京と神奈川で運営する『トゥルース・アカデミー』は… 記事を読む
が夫に抱く「産前産後の恨み」1位
2015.11.06 体の変化や育児のプレッシャー、慢性的な睡眠不足などで、妊娠中~産後の女性はいつも以上に繊細。この時期に夫にされたイヤなことやツライことは、一生忘れられず恨み続けることにな… 記事を読む
親子のことわざ”共感ランキング
2015.11.03 自分自身に子供ができることで、ようやく親の気持ちがわかる――。一般的によく言われることだが、多くの親が共感するところだろう。その代表例のひとつが、親子関係を描いたことわざ… 記事を読む
し器いらずのカニ(カマ)焼売
2015.10.30 中華料理でおなじみの餃子と焼売。どちらも、餡(あん)を皮で包む料理ではあるものの、餃子が一般家庭で子供も一緒になって作られることが多いのに対し、焼売ではそういった話をあま… 記事を読む
3
Dプリンタ体験で先端技術に触れる
2015.10.28 1964年の東京オリンピックは、新幹線やカラーテレビ、クォーツ時計など、日本の先端技術が花開いたイベントでもありました。2020年に開催される東京オリンピックでも、日本の… 記事を読む
の適性は遺伝情報で診断できる?
2015.10.25 スポーツ選手の子供が親と同じ競技で活躍したり、絵画や音楽などのアーティストの子供が親と同じジャンルで頭角を現したり。ある才能が、親から子へと受け継がれるかのように見えるケ… 記事を読む
験して学ぶ 子供向け科学実験講座
2015.10.24 今年10月、2015年のノーベル賞受賞者が発表され、2人の日本人受賞者が誕生しました。物理学賞を受賞した梶田隆章さんは、子供の頃『鉄腕アトム』のお茶の水博士に憧れていたと… 記事を読む
手に子供を撮影するための五箇条
2015.10.18 一昔前に比べ、高性能なカメラが手に取りやすい価格で買えるようになりました。しかし、それでも難しいのが子供の撮影。なかなか正面を向いてくれないし、勝手に動くし…。それに実際… 記事を読む
労と手ごたえの、餃子ドッグ
2015.10.17 休日、子供と一緒に料理を作ろうと思った時。手軽に手巻き寿司、なんてのもいいですが、「パパってすごい!」そう言われるメニューにも挑戦してみたくなりませんか? ・料理スキル… 記事を読む
供の学力、遺伝の影響が50%?
2015.10.16 ちょっと勉強すればデキる子もいれば、頑張っても成績が伸びない子もいる。人の学力には差があるけれど、この差はいつできるのだろう? 幼少期の経験の違いが学力の差を生んでいるの… 記事を読む
ゴで作る親子ロボット教室が人気
2015.10.10 今年5月、文部科学省は全国の国立大学に対し、人文社会科学や教員養成の学部、大学院の規模縮小などを要請。つまり「文系ではなくて理系を強化していく」という方針を打ち出しました… 記事を読む
達ができない子4タイプの接し方
2015.10.04 「友達100人!」とまでは言わないものの、我が子には保育園や幼稚園、小学校で友達を作り、元気いっぱい遊びまわってほしい…というのが親の願い。でも、実際に友達ができたかどう… 記事を読む
打ちうどん、パパの力の見せ所
2015.10.03 毎日ではないものの、休みの日なんかはちょくちょく料理を作る。そんなお父さんは珍しくないはず。しかし悲しいかな、それでは「家族サービス」には数えてもらえないこともしばしば。… 記事を読む
内申書」って何が書いてあるの?
2015.09.26 中学生の時、ちょっと学校で悪さをすると先生に言われた「そんなコトすると内申に響くぞ!」という言葉。まだ純粋だったあのころはちょっとビビっていたけど、今になってふと思う。「… 記事を読む
クメンと真逆?加藤浩次の父親論
2015.05.28 加藤家に家訓はない。 「たぶん僕、“イクメン”という言葉の真逆にいますよ(笑)。長女が生まれるとき、父親のできることなんて実はたかが知れてるんだなって痛感したんです」… 記事を読む
供ができて変わったことTOP10
2015.06.05 独身のうちは自分が子供を持つなんてことは、なかなか想像しにくいもの。実際、父親になると、どんな変化が訪れるのだろうか。気ままに遊びにいったり、飲みにいったりできなくなる?… 記事を読む
理想の父親像」1位は包容力
2014.06.11 まもなくやってくる「父の日」。毎年のように父親にプレゼントを贈る人もいるだろう。ただ、僕らにとっては“自分が親になる”という将来は、まだ実感が持てないもの。とはいっても、… 記事を読む