“オトコ視点”でコンビニの魅力を紹介

カンピョウとユウガオは同じもの?

2010.01.21 THU

コンビニ研究所


極の恵方巻 (※20万食限定) サークルKサンクス 380円 予約期間:1月30日(土)まで 受取期間:2月1日(月)~3日(水) アナゴは瀬戸内産、卵焼きの砂糖には和三盆、シイタケは大分県産、ノリは有明産など、こだわりの素材を集めた贅沢な恵方巻じゃ。恵方巻は節分の夜にその年の良い方角を向いて食べると良いとされる。2010年の恵方は西南西じゃ!
助手:博士~。お昼にお餅はいい加減飽きました! おすし食べたい!

博士:一理あるな。キミ、おすし屋さんに電話しなさい。鉄砲巻きを忘れずにな。

助:鉄砲巻き? 何ですか?

博:カンピョウ巻きのことじゃよ。形が鉄砲の筒に似ておるじゃろ。

助:なるほど。カンピョウって…、海藻ですよね?

博:まったく…。ユウガオというウリ科の野菜じゃよ。この丸い実をテープのようにむいて干したものが、カンピョウになる。ユウガオの実を瓢と呼ぶことから、「干した瓢」ということで、「干瓢」と言うようになったんじゃろ。

助:え~! ユウガオって、てっきり花のことだと思ってました。

博:そう、初夏に白い花を咲かせるあの「夕顔」と同じじゃ。かの有名な『源氏物語』第四帖の題名にあるように、古くから栽培されてきたんじゃ。もっとも、平安時代には観賞用だったようじゃがな。カンピョウは、鎌倉時代には精進料理に、江戸時代にはその生産もぐっと盛んになり、巻きずしに入れられるようになった。江戸では「ノリ巻き」と呼ばれ、江戸前ずしの定番になったんじゃ。

助:へえ~。ところで現在では、すし以外にどう使われるんですか?

博:カンピョウ生産が日本一の栃木県では、お吸い物や煮物などに使う。低カロリーで食物繊維などが豊富なため、最近では健康食品としても注目されておるぞ。

助:カンピョウってできるヤツなんですね。ボクもあやかりたいです~。ようし、たくさん注文しちゃいますよ!

<参考資料>『たべもの起源事典』(岡田哲/東京堂出版)、『鮓・鮨・すし』(吉野昇雄/旭屋出版)

カンピョウとユウガオは同じもの?

佐々木彩夏、溝口玲以子(アート・サプライ)=取材・文
text AYAKA SASAKI, REIKO MIZOGUCHI

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト