スゴイ選手が結構いた!

R22世代のスポーツ選手 キミはどのくらい知ってる?

2008.03.03 MON



写真提供/築田純/ロイター/AFLO
北京オリンピックが開催される今年、盛り上がってくるのはもう少し先でしょうが、皆さん「R22世代」が生まれた1985年にはスポーツ界に才能豊かな選手が誕生していました。

大きな注目は、女子ゴルフ界を名実ともに引っぱっている宮里藍と横峯さくら。宮里はアメリカのツアーで活躍中、横峯は昨年ついに獲得賞金1億円突破と2人とも進化を続けています。そして、メディアにも連日のように登場し、北京五輪への出場が期待されるビーチバレーの浅尾美和も同級生。五輪出場枠を獲得するには、7月20日時点で世界ランクの30位前後に位置することが必要。現在55位にランクする浅尾には厳しい状況であることに変わりはないけど、運が良ければ学生時代に隣の席になっていた(?)かもしれない同級生として、最後まで応援したいところです。

…と、ここまで書いてみると女の子の活躍ばかりが目立ってしまい、「男たちはどうした!」と言いたくなっちゃいますが、いやいやそうでもない。オリンピックの注目競技であるサッカーは、23歳以下の選手たちが基本選ばれることもあり「R22世代」の選手が何人も入っています。1月に始まった移籍のウワサから、とんとん拍子でスコットランド・プレミアリーグのセルティックFCと契約した水野晃樹。彼は、五輪代表はもちろん、日本代表にも選ばれている逸材。今年から環境を変えたこともあり、そういう意味では皆さんと同じ新たなチャレンジの年なのです。ほかにもFC東京の平山相太やジュビロ磐田のカレン・ロバート、そして今季から鹿島アントラーズに移籍した伊野波雅彦など注目選手が多数存在。サッカー界以外に目を向けると、フィギュアスケートには3年連続で全日本選手権を制している高橋大輔がいる。同級生ですでに日本一になっているヤツがいる…というのはなんだか驚きだが、「負けてられるか」という心意気も持ちたいところ。

てなワケで駆け足で紹介してきましたが、彼らも同じ22歳。頑張ろう!
(池口志葉)


関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト