想像しあわせマイカー計画

第12回 人生初の一台、何を選べばいいの!?

2010.03.19 FRI

想像しあわせマイカー計画

利用シーンから想像してみよう



「クルマが欲しい!」と、ネットでいろんな車種を調べてみたものの、あふれる車種やスペック情報の洪水に頭がパニック。「かっこいいけど、乗りこなせるの?」「人気の色は?」「ちょうどいいサイズは?」「必要なオプションって?」と、結局、見極めのポイントがわからず、心が折れそうに…なんて人、いませんか?

「どんなクルマを買えばいいか迷うなら、まずはご自身の利用シーンを想像してみるといいでしょう」

そう語るのは、ホンダカーズ東京中央・調布インター店の土居二三さん。この道20年の営業のベテランで、これまでに多くのビギナーのためにクルマを見立ててきたのだとか。

「通勤に使いたい、休日に使いたい、彼女を乗せてドライブに行きたいなど、クルマを買って何をしたいのか、最初に考えてみればいいんです。そこから、使用方法や利用頻度などを考慮していけば、自ずと選択肢も絞れてくるはず。たとえば、家族サービスでの利用がメインになるなら、奥さんやお子さんを乗せて出かけることができて、荷物もたくさん積めるミニバン。通勤用で、しかも長距離で使うなら、燃費のいいハイブリッドカーを、といった具合ですね」

うーん、とはいえ、まだ見ぬカーライフを具体的には想像しづらいなぁ。今から使い方を絞るのは、ちょっと難しいかも…。
お店で営業に自分自身ならどれを選ぶか、を聞いてみよう。そのクルマを選ぶ理由がいろいろ聞けて参考になるはず
「では、最初の一台ということで、コンパクトカーはいかがですか。小さくて車体感覚が把握しやすく、一方通行や入り組んだ道が多い都心部でも運転しやすいので、運転初心者向けです。また燃費が良く、重量税も安いので維持費がそんなにかからないというメリットもありますよ。もちろん、同じタイプのクルマでも、微妙な仕様の違いがあるので、まずはカーディーラーに来て相談していただくのがいいかもしれません。営業担当に、自分ならどれを買うか聞いてみるのも、各車のメリットを聞き出すいい方法です」

大切なのは、「初心者なので、よくわからない」と正直に伝えること。中途半端な知ったかぶりは、担当者を混乱させて、的確なアドバイスをもらうのが難しくなるだけ。初心者が相手なら、カーディーラーでもそれだけ親身になって、丁寧に相談に乗ってくれるそうなので、ここはひとつカーディーラーにお任せしてみるのもいいかも。
今どきのクルマ購入者に多いオートクレジットのパターン。あまり予算のない人の中には、これを知って安心する人も多いのだとか。他にも買取保証があるので、お試し感覚で気軽に乗れる「残価設定型」のプランもあり。

今どきのクルマの購入はオートクレジットが主流



欲しいクルマが決まったら、いよいよ購入手続き! ただ、現金一括で買うほどの貯金はないなぁ…。みんな、お金はどうしてるんだろう? そこでホンダカーズ東京中央・調布インター店の土居二三さんにお話を伺ってきました。土居さんは、カーディーラーでの営業20年。これまでにもたくさんのお客さんのクルマ購入の相談に乗ってきた、オートクレジットプランニングのプロでもあります。

「今では、ほとんどの方がオートクレジットを利用していますね。バブルのころは頭金を積んで2年くらいで終わらせる、というパターンが多かったものの、今では5年で60回払いなど、比較的長期でクレジットを組む人が増えています。7年・84回払いという方もいますね」

そうなんですか? では、今現在資金が少なくてもクルマは買えちゃうわけですね。

「月々の支払い額は、3万円くらいで設定する人が多いです。ただ、これはあくまでも車体価格のみの金額なので、カーライフ実現のためには、これ以外に保険費用やガソリン代、駐車場代などの維持費をプラスして、その合計額を月々支払えるのか考える必要があります。車体価格だけを見て買えそうな気になってしまいがちですが、実際は、こうした維持費が相場で月々3万円程度もかかるんです。だから月々の支払いを抑えるためには、長期のオートクレジットを組んで、車体価格の部分を低めに設定するなど、工夫が必要。初めてクルマを買う場合、特に気をつけていただきたいポイントですね。」

へぇ、だから月に3万円くらいの設定が多いんですね。

「ボーナス加算なし・均等払いという方法を選ばれる方も多いですね。このご時世、当てにならないボーナス加算はリスクが大きいと考えているようですね。それに最近では頭金も少額で抑える方が多くいらっしゃいます。頭金なしというパターンも多いですよ。結果として長期間のクレジット払いになってしまうことを心配される方もいますが、今ではそれがスタンダード。決して珍しいことではないので、資金のことはどんどん相談していただきたいですね。」

う~ん、たしかに維持費の支払いまで考慮したカーライフ全般を考えると、十分あり得る話かも。長期クレジットの需要がこれほど多いというのも納得できますね。新しい発見でした!

ボクも無理なくカーライフを楽しむために、さっそく月々2~3万円くらいでクレジット計画を検討してみようと思います。
長期クレジット以外でも、まずは3年間乗ってみて、乗り続けるか乗り換えるかを考えられたり、返したときには買取金額を保証してくれる「残価設定型クレジット」なんてお試し感覚で気軽に乗れるプランがあることもこれまでの取材でわかったし、今やクルマ購入ビギナーのボクでも安心の買い方はいろいろ用意されてるしね! ハイブリッドにスポーツタイプ…どんなクルマを買ってどこへ行こうかなあ。なんだかワクワクしてきました! 人生最初のクルマ。
不安も多々ありますが、
「ほしい!」と思う気持ちがあれば、
クルマって、わりとすぐに手に入るみたいですね。

選び方も買い方も、わからないことがあれば、
とりあえずカーディーラーで相談してみれば解決することも多いようです。
ボクもさっそく、この週末にカーディーラーへ行ってみようっと!

さあ! いよいよ夢のカーライフが現実味をおびてきましたよ!

関連キーワード

ブレイクフォト