“オトコ視点”でコンビニの魅力を紹介

シューと餅は似たもの同士!?

2010.06.03 THU

コンビニ研究所


Sweets+ ダブルクリームシューアイス ファミリーマート 126円 香ばしいシューに、2種類のアイスクリームが詰まったスイーツじゃ。練乳を使ったホイップクリーム風アイスは、口どけ柔らかに仕上がっておる。バニラビーンズ入りの濃厚なカスタードアイスと絶妙にマッチしているぞ。
博士:フゥ、ちょっと疲れたのう。これでも食べて、一息入れるか。

助手:わーい、シュークリーム! もしかして手作りですか?

博:いや、何度か挑戦したんだが、シューがうまく作れんのじゃよ。

助:確かに難しそう。クリームとかを詰めるために、皮の中を空洞にしなくちゃいけないんですよね。何か特別な食材を使うんですか?

博:「水」じゃ。シュー生地作りでは、薄力粉やバター、砂糖などの食材を水と一緒に煮込むんじゃよ。

助:水で? お菓子を作るときって、牛乳とか生クリームとかを使うイメージがありますけど。

博:そこにシュー生地が膨らむ秘密があるんじゃ。水分を含んだ生地をオーブンで焼くと、生地に含まれていた水分が蒸発し、外に出ようとする。そうすることで、生地は膨らみ、中には空洞ができるんじゃ。餅を焼くと膨らむじゃろう? 原理はあれと同じなんだぞ。

助:さては、蒸発した水分が「シューッ」と出るから、名前に「シュー」ってついたとか!?

博:あほか。「シュー」は、フランス語で「キャベツ」という意味じゃ。

助:…キャベツ?

博:ぼこぼこと膨らんだ形がキャベツに似ているから、その名がついたといわれておるな。

助:なるほど。それにしても博士、そんなに知識があるのに失敗するってことは、よっぽど料理がへたくそ…。

博:ムム! やはり今日は休憩なしじゃ!

<参考資料>『シュークリームとプリン』(葛西麗子/成美堂出版)、『21世紀こども百科 食べもの館』(小川聖子:監/小学館)

シューと餅は似たもの同士!?

佐々木彩夏、溝口玲以子(アート・サプライ)=取材・文
text AYAKA SASAKI, REIKO MIZOGUCHI

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト