仲間同士で、プロポーズに…

10万円でMY花火大会を開催してみる!?

2006.06.20 TUE



写真提供/PANA
夜空に咲く大輪の花火。いいですね。ニッポンの夏ですね。でも、名のある花火大会はたいてい大混雑。帰りの満員電車で押したり引いたりしているうちに、感動もどこかへ吹き飛んでしまうわけですよ。

ならば、仲間同士で「MY花火大会」を開催すればよろしい。いや、公園でヒュルヒュルッと何発か…なんていうケチな話じゃあございません。

花火卸売会社、立岩商店(長崎市)が運営する「花火師ネット」では全国の花火師と提携、結婚式や各種イベント用に全国どこへでも花火師を派遣するサービスを1年前から始めた。

「これまで約100件の依頼を受けました」(専務・立岩直樹氏)というが、ある程度ゴージャスにやりたい場合、いくらぐらいかかるんですか?

「目安となる最低料金は10万円。20~40発で5分間は楽しめます。実際に見てみるとかなり長く感じるはず。なかには『彼女を喜ばせたいから100万円分打ち上げてくれ』というお客様もいましたね」(同)

種類も菊、牡丹、大柳からスターマイン(連発仕掛け)まで本格的かつ多彩。しかし、花火の打ち上げ場所には厳しい法規制がある。実際は、花火師が所有する千葉や神奈川の土地で行うことが多いらしい。

また、花火の製造・販売を行う有限会社津久井火工(東村山市)では4年前から「プロポーズ花火」というプランを企画。これまで約300件の依頼があった。

「40種類の花火を約300発打ち上げて10万円というのが基本セット。時間は約10分間です。場所はほとんどが神奈川県の相模湖近くのキャンプ場。ハート型の花火、女性のイニシャルや記念日の日付を入れた仕掛け花火もできますよ」(川上孝行社長)

どちらも口をそろえて言うのが「距離が近いので予想以上に大迫力」だということ。花火は消えるが記憶はのちのちまで残る。というわけで今度のボーナス、夜空にパーッと打ち上げてみますか?
(石原浩樹)


関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト