まずはかたちから?…初心者でも超簡単、思わず外遊びしたくなる!

進化系アウトドアギア

2010.06.28 MON


金属フレームがない? 空気で建てる風に強いテント ニーモ モルフォAR 6万900円/イワタニ・プリムス 重量/2.6kg、2人用 テントといえば、まずは金属製のポールを組み立てて…というのが定石。だがこのモルフォARは、フレームにエアビームという空気が入ったチューブを使用する。軽いうえに、豪雨や強風でも折れることがなく、107cmという高い天井も確保。設営は付属のフットポンプで行う。
アウトドアは楽してナンボ
最新ギアに頼り切ろう

登山の世界には“三種の神器”とも呼ぶべき、基本の3点セットがある。それすなわち「靴」「雨具」「ザック」なり。

比較的登りやすい富士山でも、よほどの脚力がないかぎりスニーカーやハイキングシューズは禁物。重くて硬い履き心地の登山靴を選ぼう。ソールが反らずしっかりとグリップするので、ちょっとした段差につま先を引っかけるだけでも山を登っていける。結果、疲労による転倒やケガも少なくなる。ザックや雨具も考え方は同じ。背中にどれだけフィットするか。雨に濡れず汗に蒸れず運動ができるか。そう、アウトドアの道具選びは「いかに快適に遠くまで行けるか」が肝心なのだ。

その考えは最新アウトドアギアに顕著。最新テクノロジーや、新素材、新デザインを取り入れたギアは、エキスパートのみならず、ビギナーにこそ、簡単で快適に使えるものばかり。ホームセンターやディスカウントショップで安く手に入るアウトドアギアばかり使っている人には、目からウロコの最新ギア事情。これなら初心者でも気負わずアウトドアにチャレンジできるはずだ。

熊山准=取材・文
text JUN KUMAYAMA


  • 簡単だけど奥が深い 新世代の綱渡りロープ

    スラックライン クラシック15m
    1万3440円/ギボン 重量/3.2kg
    手軽に張れるラチェット付き

    2カ所の固定ポイントさえあれば、どこでも楽しめる新世代の綱渡りロープ。元は登山家やフリークライマーなどがオフの時に始めた遊びが発展したもの。簡単に取り付けられる金具付き。商品の最大負荷は4t、体重制限は150kgだ。簡単そうに見えて奥が深いので仲間内で盛り上がること間違いなし。
  • 一度座ればもう起立できない? くるくる巻ける快適座椅子

    ヘクサライト オリジナルチェア
    6405円/クレイジークリーク
    重量/419g

    カヌー愛好家の間では定番座椅子のクレイジークリーク。その構成は、背面と座面をストラップでつないだ簡単なものだが、おそろしく快適。深く腰かけて、足でバランスを取りながら、体重を背中に預けるのがコツ。20周年記念の当モデルは、くるくると巻いて収納できる。
  • 雨の日でも快適に遊べる軽量レインウエア

    ストームクルーザー ジャケット Men's
    1万8000円/モンベル 平均重量/295g
    収納サイズ/8×8×13cm カラー/全7色

    雨を弾きながら登山中にかいた汗も外に出す、防水透湿素材。その代表的存在であるゴアテックスの最高性能生地プロ・シェルを使用した全天候型ジャケット。近年、裏地を「編み物状」から、より細密な「織り地状」へと変更したため、透湿性も高まったうえに、軽量化をも達成した。
  • 沸騰までたったの90秒 マッチいらずの簡単コンロ

    ジェットボイル PCS FLASH
    1万4700円/モンベル 
    重量/476g、収納サイズ/直径104×180mm

    鍋とコンロ、ガス缶が一体型になった革新的な調理器具。1290kcal/hと低出力ながら、鍋底のフラックスリングが熱効率を高めるため、250mlの水がわずか90秒で沸かせる。また鍋のカバーは断熱性が高いため、素手で掴んでの調理も可。その鍋にはコンロとガス缶を収納できる。
  • 小さくても明るく、熱くない LED時代の安全ランタン

    オービット
    3465円/ブラックダイヤモンド
    重量/130g、カラー/ホワイト、ブラック

    炎のランタンも味わい深いが、昨今は軽くて明るいLEDランタンがトレンド。オービットは、わずか130gの軽さで1Wの光量を確保。明るさもシームレスで調節できるほか、優秀なのが本体上部のダブルフック。カラビナなどがなくても、テント天井のループなどに簡単に吊り下げられる。
  • 登山や旅の思い出をGPS情報で残す腕時計

    フォアアストリート
    5万6700円/ガーミン 重量/60g
    稼働時間/約8時間、日常生活防水

    GPS内蔵で、登山やランニング、散歩など移動した軌跡や速度、距離などを記録しておける腕時計。付属のUSBスティックをWindowsパソコンに接続すれば、無線でデータを送受信できる。GPSログは加工次第でGoogleマップなどに移動ルートを表示させることも可能。

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト