サッカーW杯・緊急現地取材!

ブブゼラに続く、注目の応援グッズは?

2010.07.02 FRI


自国のカラーで派手に装飾した陽気なサポーターたち。
「ブブゼラ」で着目を集めた南アフリカW杯の応援グッズですが、TVで見ているとほかにももっとアフリカらしい派手なグッズもありそう。実際のところ、現地ではどんなグッズが売られ、人気だったのでしょうか? 現地の応援グッズショップを取材してまいりました。

やっぱり一番人気は「ブブゼラ」。南アの楽器でお土産品としてはこれまでも売られていたそうですが、さほど売れていなかったようです。W杯で騒がれたのを契機に、爆発的に売れたとのこと。

ブブゼラに続いて多く見かけたのが、「マカラパ」という、工事用ヘルメットを派手に装飾したもの。このマカラパが応援グッズになった背景がまた面白い。1979年のこと、ある地元のサッカーファンが試合を観戦に行った時、興奮したほかのサポーターが投げたビンが友人の頭に当たりケガをしてしまった。それを見たそのサッカーファンが、友人のために頭を守るためとして考案したのがこのマカラパだったそうなのです。それ以降、サッカーファンの間で応援グッズの仲間入りを果たした訳ですが、オリジナルのものも多く、日本サポーターはサムライの兜のように装飾を施していました。お値段、平均3000円前後と少々値が張るので、(ちなみにブブゼラは1000円程度)ブブゼラとセットで、とまでは言いませんが、グッズショップで必ず目にしたアイテムでした。

それから、顔幅の2倍はあろうデカ伊達メガネ。概して視力のいいアフリカ人にとっては、メガネをかける機会が少ないので、コスプレ気分を味わえるんだとか。

 これら応援グッズには、各国の装飾が施されているものもあり、自国グッズを見付けると思わず買ってしまいたくなります。ただ、街で見かけるのはイタリア、スペイン、オランダ、ブラジル、アルゼンチンといった強豪国のものが多く、残念ながら我らが日本のグッズはなかなか見付からず…。グッズの種類でも早く強豪国の仲間入りを果たしたいところです。

 ただ、スタジアムではフェイスペインティングサービスもあり、日の丸マークも大人気。僕も勝手に日の丸フリーペインティングを始めたら、外国人含め長蛇の列ができたほどでした。次回大会では、日本グッズが多く並ぶことを信じます!

(長谷川浩史)

  • 応援グッズ1

    スタジアムの売店に並ぶマカラパ。プラスチック製のもので3000円前後。ブブゼラの次に人気の応援グッズ。
  • 応援グッズ3

    巨大なメガネもよくみかけた応援アイテム。店の人曰く、普段眼のいいアフリカ人はメガネをかける人が少ないので、今回のW杯のようなお祭り騒ぎの時くらい、コスプレ気分で楽しみたいのだとか。

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト