B級ご当地グルメNo.1の栄冠はどの味に?

「B-1グランプリ」の優勝メニューを勝手に予想してみました

2010.09.13 MON


第1回、2回優勝の富士宮やきそば。過去の優勝メニューは殿堂入りとなるが、もちろん当日ブースは設置されるのでご安心を 写真提供/富士宮やきそば学会
富良野オムカレーに富士宮やきそば、浜松餃子に、行田ゼリーフライ……。9月18日(土)・19日(日)に厚木で開催されるB級ご当地グルメの祭典「B-1グランプリ」に登場するメニューの数々。B級といっても、A級のランクダウンではなく、安くて、旨い、地域に根ざした名物料理のこと。まあ要するに僕らの大好きなものが一堂に集結する激旨イベントってわけです。

そんな「B-1グランプリ」、第5回を迎える今大会の見どころは?

「出場団体は前回の26に対して46、開催地も都心近郊に移り、過去大会を優に超える盛り上がりは間違いありません。また、あくまで地域おこしの一環として行うイベントなので、料理はもちろん、ゆるキャラや応援団の登場、歌やダンスの披露などのパフォーマンスも見どころです。各団体とも気合が入っており、特に東北地方のチームなどは事前に合宿までしてくるんですよ」(主催のB級ご当地グルメでまちおこし団体連絡協議会代表・渡邉英彦さん)

今大会から過去の優勝メニューは殿堂入りし、戦線には加わらないのだとか。それだけに、俄然優勝争いが激しくなりそうですが、何か過去の大会から導き出せる傾向は……。

「食べ比べて、箸をお気に入りメニューの投票箱に入れてもらうシステムでグランプリを決定します。まず食べてもらうことが条件ですから、供給量が多く、スピーディーなメニューに票が集まりやすいとはいえますね。そして、実は箸は本数ではなく、重さで票を量るんです。ですので、汁ものはちょっと有利かもしれませんね(笑)」(同上)

むむっ、これは重要な情報。ということで、3年連続惜しくも2位となり、今年こそ悲願の優勝を目指す八戸せんべい汁が◎。さらに、前回3位の津山ホルモンうどんを○、東北B-1グランプリで優勝を果たした十和田バラ焼きが▲と予想しちゃいます。まあ、そんなことより、当日は会場でB級グルメを食べまくって楽しみましょ。
(静浩太/サグレス)

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト