僕らのイマドキフィットネス計画

第6回 誰でも続けられるマシントレーニング!

2011.09.20 TUE

僕らのイマドキフィットネス計画


マシントレーニングに興味はあるけど、どれを使ったらいいか、どう使ったらいいか分からないって人、多いんじゃない?

どのマシンを使えばいいの?どんな風に使えばいいの?



フィットネスクラブでマシントレーニングをやったことがありません。興味はあるのだけど…。

なぜかというと、理由はふたつあって、第一にマシンの使い方が分からないから。もちろんまったくわからないわけではないけど、どれくらいのスピードでやるべきかとか、呼吸をするタイミングとか、細かい部分がよく分かりません。やみくもにやっても、使い方を間違えちゃいそうでイヤなんです。

第二の理由は、カラダのどこを鍛えればいいのか分からないこと。だから、どのマシンを使えばいいかもよく分かりません。せっかくマシンで筋トレをするんだったら、できるだけムダのない、最小限の努力で最大限の効果を求めたい。わがままなのは分かっているけど、なるべくラクして健康になりたいんです、私は!

そこで調べてみると、フィットネスクラブの「ティップネス」で、会員一人ひとりに合ったエクササイズプランや、マシントレーニングの方法を無料で教えてくれるのだとか。これは自分も教えてもらいたい! そう思い、さっそく体験してみました。

自分に合った運動のやり方を教えてくれるのは、ティップネスの「ボディドック」というサービス。トレーナーさんにまず自分の現状や、なりたいカラダについて相談をして、その後いくつかのチェックを受け、それらの結果を基にアドバイスをしてもらえます。あの、私に合ったマシントレーニングって、なんですか?

「『Dr.フィットネス』で体組成をチェックした結果、体脂肪率が高いようですね。やせたいという希望をお持ちで、特に初心者の方は、まずカラダの中でも大きな筋肉からトレーニングするのがオススメですね。その中で、特に気になる部位の種目も合わせて行うと、さらに効果的です」(ティップネス川崎店・トレーナー・工藤良子さん)

ほほう、大きな筋肉か~。それってたとえば?

「胸や背中、脚などです。今回は、その中から上半身・下半身それぞれ一種目ずつ、胸と脚から始めてみましょう!」

おお~、そういうのが知りたかったんです! 具体的には?

「まずは主に大胸筋を鍛える『チェストプレス』。『胸板を厚くしたい』という男性にも人気ですよ」

なるほど、腕立て伏せに似た動きで、胸はもちろん、二の腕の筋肉にもジワジワ効いている気がします。1つのトレーニングで複数カ所を鍛えられるのはうれしいですね。

「次に、太ももやお尻など下半身全体を鍛えられる『レッグプレス』です。太ももはカラダの中でも大きな筋肉なので、効率的に体組成を改善するためにも鍛えるべきですね」

なんだか、カラダを横にしながらスクワットをしているみたい。スクワットよりも足にかかる負担を減らせそうな気がします。そうそう、そういえばなんで「大きな筋肉」を鍛えるのが、やせることにつながるの?

「まず、適度に筋肉をつけることで、引き締まったカラダになれるため。そして、基礎代謝を向上できるためです」

基礎代謝っていうのは確か、カラダを動かしていない状態で、どれくらいエネルギーを使うかってことですよね?

「その通りです。基礎代謝は、筋肉の量によって決まります。カラダの組織の中で、最もエネルギー消費量が多いのが筋肉。筋肉量を増やすことで、体内の消費エネルギー量を効率的に上げることができます。つまり、筋肉の量が多い人ほど、やせやすく太りにくいカラダなるんですよ」

そういうことか~、納得です。では3つめのマシンは?

「いよいよ、一番気になっているお腹周り“腹筋”を鍛える『クランチ』ですね。お腹は誰でも気になる部位。お腹がキュッと引き締まることで、見た目の体型の改善、そして姿勢もキレイに見えます。スーツをピシッと着こなしたいビジネスマンにはうってつけです」

これは自分でも必要なことが分かってました! よし、やるぞ!…って、だいたいどれくらいやればいいの?

「ひとつのマシンにつき、15回×3セットを週に2回でも充分です。筋トレをしたら、必ず筋肉を休ませてください。休んでいる間に筋肉は発達しますから」

週に2回でいいなら、続けられるかも! ふう、いい汗かきました!
腹筋を鍛える「クランチ」。寝た状態からの腹筋運動ができない人でも、簡単に腹筋を鍛えることができます
「運動の前後には、必ずストレッチをして、使った筋肉を伸ばしましょう。血行や代謝を良くして、トレーニングの効果を上げ、疲労やケガのリスクを減らすことができます」

そうなんだ! 今まで実はテキトーにやっていたんですが、ストレッチってそんなに重要なんですね。特に、「運動の効果を上げられる」というのにグッときました。

今回の「ボディドック」を受けて、マシントレーニングのアドバイスをしてもらって感じたこと。やっぱり、こっちは素人なんだから、プロのトレーナーさんにカラダのどこを、どんな風にトレーニングしたらいいか、教えてもらったほうが絶対いいってこと。自分がやっているトレーニングの意味を理解して、効果に納得がいくから、これからもモチベーションを維持し続けられると思います! 投稿募集はこちら 皆さんの投稿を募集中!

右下の投稿ボタンから投稿してください。

ブレイクフォト