3連休が2回で人気の旅行先は?

シルバーウィークの旅行は九州が前年同期比3割増

2011.09.15 THU


※この画像はサイトのスクリーンショットです
間近に迫った“シルバーウィーク”。今年は3連休が2回(17日~19日、23日~25日)。大型連休とはいかないが例年よりもいい日並びだ。旅行の予約状況も前年に比べて好調だという。

JTBの9月の国内旅行ツアー予約状況は前年比103%(9月14日現在)。また、最近の円高が追い風となり、近畿日本ツーリストでは海外ツアーが好調。ホテル予約サイト「じゃらんnet」も海外旅行の問い合わせが急増しているという。近年は連休間際のかけこみ予約が多いため、今週末にはさらに申し込みが殺到するとみられる。では、人気の旅行先はどこなのか?

「ソウルは前年同期比5割増、台北は2倍、携帯電話会社のCMで話題になったシンガポールは5倍の勢いで問い合わせが入っています」(じゃらんnet)

「海外はハワイ、アジア、ヨーロッパ、台湾が好調です。国内だと今年は特に九州が人気で、前年同期比の約3割増となっています。これは九州新幹線全線開業の影響が大きいでしょう。また、首都圏のパック旅行では箱根・湯河原、北陸・金沢が2割増、信州が3割増。高山・下呂は8割増、中国・四国も5割増と人気ですね」(近畿日本ツーリスト広報担当)

夏休み同様、海外と西日本に人気が集中しているようだが、ここにきて東北地方への客足も戻りつつある。東北では10月上旬から紅葉シーズンもスタート。宮城の鳴子峡、夏井川渓谷、岩手の夏油温泉、青森の八甲田山など名所も多く、10月の3連休(8~10日)に合わせてさらに客足が伸びそうだとか。

ちなみに、これからシルバーウィークの計画を立てる場合、JRや航空機を使うツアー型はすでに募集が終了しているものが多く厳しいが、宿泊のみの予約ならまだまだ可能。今からでも間に合うオススメの行き先を聞くと「現在もっとも円高の恩恵を受けられそうなのは対ドルなので、ドルが有効な国への旅行はオススメですね。近場ならグアムなんていいと思います」(じゃらんnet)、「例えば首都圏からだと鬼怒川、草津、安房小湊、稲取、修善寺、堂ヶ島、箱根、河口湖など。近場の温泉で夏の疲れをスッキリ癒すなんてどうでしょうか」(JTB広報室)とのことだ。
(榎並紀行)

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト