ずぼら男子のさくっとレシピ

目をつぶって食べてみて「かなり天丼」

2012.03.08 THU

お夜食道場


【Recipe】
揚げ玉、えび、三つ葉 適宜 卵1個 めんつゆ 100cc(濃縮タイプは説明書きとおり希釈してこの分量) 日本酒少々(あれば)

【作り方】
(1)鍋かフライパンに揚げ玉、えび、食べやすく切った三つ葉を入れる
(2)あれば日本酒をひとふりし、めんつゆを入れてひと煮立ちさせる
(3)卵をといて(2)に流し込み、3つカウントしたら菜箸で“の”の字を書いて、火を止める
(4)ごはんをよそって(3)をかける
※えびを、鶏肉やあさり、かまぼこ、薩摩揚げなどに替えてもOK

【ちょっとひとこと】
「お酒の締めにはご飯ものが食べたい」っていう人は多いわね。「ご飯がいつまでも食べられるおかずがあれば幸せ」って人も多いわよね。そこで、安くおいしくごはんを食べる方法を考えてみました。店によってはタダでも手に入る「揚げ玉(たぬき)」がびっくりするほど役者なの。目をつぶって一口食べてみて? そこにはほら、意外なほど天丼に近い味わいが…(ホントです)。卵とじが上手になれば、「なんちゃって」につきもののうらぶれ感もなし。一度は試してほしいわ

※フリーマガジンR25 131号「酒肴道場」より

目をつぶって食べてみて「かなり天丼」

大久保 聡=写真
たかはしよしこ=スタイリング

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト