橙魂2012でジャイアンツが加熱中!

東京ドームがオレンジ色に染まる!?

2012.03.14 WED


(c)読売巨人軍 球場のどこから見ても目立つこと間違いなしの強烈なオレンジカラー! その力強さは、巨人軍の今年のテーマでもある「橙魂」を表すにふさわしい。
2012年シーズンの読売巨人軍が、なんと球団史上初の“オレンジカラー”をメインにした新ユニホームを採用したという。巨人軍の今年のテーマは、「橙魂(とうこん)2012」。ジャイアンツの象徴でもある“橙(だいだい)色”と、いつも全力で戦う巨人軍の“スピリッツ(魂)”を合わせた造語である。

「オレンジカラー」=「巨人軍」。確かにこれほどカラーイメージが浸透しているスポーツチームは、そうそうない。ファンにとっては、かけがえのないシンボルカラーだ。リーグ優勝42回、日本一21回。断トツの成績で日本プロ野球界を牽引する盟主は、まさにオレンジカラーとともに歩んできたと言っても過言ではない。

でも、そんな“橙魂”を背負って戦ってきた巨人軍も、2年連続してリーグ優勝を逃している。「球界の盟主として、そんな屈辱には耐えられない!」と、今年の巨人軍は王座を奪還すべく、メラメラと闘志を燃やしているはずだ!

そんな期待の高まる2012年シーズン。満を持してオレンジユニホームがデビューするお披露目の日は、4月29日(日)。原辰徳監督以下、巨人軍のコーチと出場選手全員が、昭和の日に新ユニホームを着用するのだそうです。しかも東京ドームに迎える相手は、阪神タイガース! おぉ、伝統の「巨人×阪神戦」でお披露目とは、盛り上がること間違いなし。しかもこの日は、巨人のエース・内海哲也投手の誕生日。もしかすると、内海投手がオレンジの新ユニホームで登板するかも!?

ちなみにオレンジユニホームを着用して臨む試合は全部で7試合。4月29日(日)のほか、5月16日(水)~17日(木)のオリックス2連戦、6月10日(日)ロッテ戦、7月12日(木)広島戦、8月19日(日)広島戦の東京ドーム開催6試合に加え、8月30日(木)に福島県郡山市・開成山野球場で行われる中日戦でフィナーレを迎える。選手たちが着用したユニホームはオークションに出品され、その収益は東日本大震災の復興義援金にあてられるとのこと。巨人軍の東日本大震災復興祈念企画としての側面もあるのだ。しかも、5月16日(水)と5月17日(木)と7月12日(木)の3試合は、なんと来場者全員にオレンジカラーのレプリカユニフォームをプレゼントだって! スタジアムをオレンジカラー一色に染めようと言うのだから、これは驚きだ!

一部報道によると、主将の阿部慎之助捕手は「新しいユニホームに袖を通し、新鮮な気持ちになりました。東京ドームを始め、東日本大震災で被害を受けた福島県にある開成山球場でもこのユニホームを着用します。オレンジ色のユニホームで全力プレーをして、皆さんの心を明るくできるように選手一同頑張ります」とコメントしている。頼もしい!!

また、4月10日(火)の中日戦では、「ガールズ・ナイト」というイベントも開催される。4月1日(日)のヤクルト戦後に東京ドームのグラウンドで300人の「躍動ガールズ」をオーディションし、さらに選抜された躍動ガールズのひとりが、4月10日(火)の始球式でボールを投げることに!

まさに今年のジャイアンツはイベントが目白押し! 今年の東京ドームは、さらに盛り上がりそうだ! オレンジ色の魂は消えていないか――だって? 巨人軍の熱い試合を観れば、すぐにだって“橙魂”がメラメラと燃え上がること間違いナシだ!

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト