海での過ごし方に新提案!

進化系ビーチスポーツに注目

2012.07.24 TUE


ビーチテニスは、欧米ではテレビ中継が行われるほどの人気スポーツ。7月17日(土)には川崎市・東扇島東公園でオープン大会が行われるので、気になる人はチェックしてみては?
いよいよ夏も本番! 7月1日には日本各地で海開きを迎え、「週末に海水浴を楽しもう」という人も多いのでは? そんな中で注目したいのが、開放感あふれるビーチで気持ちよく汗を流すビーチスポーツ。パッと思い浮かぶのは『ビーチバレー』だが、少し調べてみると、ほかにもおなじみの競技をビーチで行う新スポーツが多数あるみたい。

「流行の兆しを見せているのは、『ビーチテニス』ですね。94年にイタリアで生まれたとされ、07年にヨーロッパ選手権が初開催された新しい競技ですが、2012年オリンピックの公式種目化も期待されています。ビーチではボールがバウンドしないので、バドミントンのように空中でラリーを行います。そのため、ラリーは比較的緩やかで、初心者や体力に自信のない方でも楽しむことができると思いますよ」

そう語るのは、ビーチスポーツの普及に取り組む「ビーチスタジアム 東京ベイ」のマネージャー、出田賢二さん。ほかには、パスと2.5歩のステップのみで、円形のコートの中心に設置したゴールを狙う『ビーチバスケットボール』なども、アメリカを中心に人気を博しているとか。ただし専用の機材が必要になるため、どのビーチでも手軽に、というわけにはいかなそう。僕らがすぐに楽しめるビーチスポーツって?

「ボール1個あればどこでも楽しめる『ビーチフットボール』がオススメですね。アメフトやラグビーのように、相手チームのゴールゾーンにボールを運ぶ競技ですが、タックルの代わりに5回のタッチで攻守が交代します。激しい接触はありませんし、倒れても砂浜なので安全。男女そろって楽しむこともできますよ」

出田さんによれば、砂浜では全力で走ることができず、体力や身体能力の差が出にくいため、性別や年齢を問わず、誰もが一緒になって楽しめる競技が多いのだとか。インドア派の男子にも活躍のチャンスがありそう。この夏、「ビーチスポーツ合コン」なんてどうでしょう?
(橋川良寛/blueprint)

※この記事は2010年7月に取材・掲載された記事です

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト