OFFで役立つ!

抱っこ紐のような伸縮自在小物入れ

2012.08.04 SAT


ライクラ素材を使用した21世紀版サコッシュ。その第5弾カラーとしてブラウン、グレー、ネイビーなどのシックなダーク系をラインナップ。それぞれベース色にワンポイントのストライプ(ワイン、ブラック、ピンクなど)が入る。本体は、ポリエステルとポリウレタンの合繊。サイズは横22cm×縦47cmだが、伸縮素材なのでかなり伸びる 撮影/熊林組
冗談抜きで財布にケータイ、iPhone、デジカメ、モバイルWi-Fiルーターに予備電池…と、増える一方な筆者の手荷物。人によっては煙草とライターも含まれることでしょう。ちょっくら出かける時でも両手で持ちきれないほどの量になってしまいます。バッグを持つのは大げさですし、夏など軽装シーズンはポケットが足りません。

そこで筆者がよく打ち合わせに使うカフェでたまたま見つけたのが、このライクラサコッシュという、まるで赤ちゃんの抱っこ紐(スリング)みたいなたたずまいの小袋です。サコッシュとは、自動車ロードレースでレーサーに補給食や水筒を入れて渡すための小型バッグのこと。

そのサコッシュの新形態としてCCPという自転車用品メーカーが開発したのが、水着や女性の下着などにも使われる伸縮素材「ライクラ」を用いたライクラサコッシュです。

この小袋には蓋やジッパーはありませんが、体に身につけて中にモノを入れることで、生地にテンションがかかり、口を閉じる構造になっているとか。実際に試用させていただいたところ、見た目は小さいのですが、思いのほか伸びてななめがけにすると体に密着。前出のデジタルガジェットを全部入れてもまだまだ余裕がありました。

自転車用品メーカーが作る小物入れだけに、500mlのペットボトルと補給食が入る本来のサコッシュ的用途はもちろんのこと、旅や野外フェスでの小物入れなどにも応用できそうです。体に密着するので、走り回ったり跳ねたりしても荷物が安定しているのが特に嬉しいところ。また外すこともできるキーリング部のほかには金具を使っていないので、転んだりしても安全です。もっとも中身のガジェットは傷つくかもしれませんが。

いずれにせよ、なるべく手ぶら感覚で出かけたい人にオススメな伸縮素材の小物入れ。筆者はこれで旅行に行ってきます。
(熊山 准)

※この記事は2010年08月に取材・掲載した記事です

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト