OFFで役立つ!

歩くだけでエクササイズできる靴

2012.11.06 TUE


カラーはシルバー/ブルーとブラックの2種類。サイズはEE:7~10、11(25.0~28.0,29.0cm)となっている。重量は約310g
最近話題の「トーニング・シューズ」。いえ、「トレーニング・シューズ」ではありません。「トーニングシューズ」とは「toning shoes」。直訳すると「引き締める靴」。履いて歩くだけで、エクササイズ効果やシェイプアップ効果が期待できるという靴のことです。

全米ではすでに流行していて、日本でも各メーカーからちらほら発売されています。基本的には女性用が多かったのですが、最近では男性向けも増えてきました。

そんななか、私が目をつけたのはニューバランスの「MW850」。理由は、見た目も格好良く、普通のスニーカーとして使えそうだから。そして、昔からニューバランスが好きだから(個人的な理由でスミマセン)。

「トーニングシューズ」の基本的な考え方は、ソールの形状や素材に工夫を加えて、あえて不安定な状態にするというもの。不安定になれば、人は自然とバランスを取ろうとして筋肉を使い、エクササイズ効果やカロリー消費につながるという理屈です。

「MW850」は、不安定な台の上でカラダを安定させるバランスボードをコンセプトに独自技術で開発。ソールのラウンド形状や靴内部のバネ構造が不安定さを生み出しています。

ニューバランスによると、個人差はあるものの、お尻、太もも、ふくらはぎなどの筋肉活動量が増え、カロリー消費量も増加するとのこと。

もちろん、不安定すぎて走れないということはありませんが、本格的なジョギングやスポーツのときにも使えるかというと、ちょっと微妙かも。あくまで、ウォーキングシューズと割り切った方がいいでしょう。

個人的には、「MW850」を履くと、せっかくだから一駅分歩いてみようといった感じで、歩く行為に積極的になれるのが、最大のメリットのような気がします。

運動不足だけれども、なかなか時間が取れない社会人は多いと思うので、ながらダイエットのつもりで、一度試してみてはどうでしょう。
(コージー林田)

※この記事は2011年03月に取材・掲載した記事です

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト