思わず欲しくなる!

野外で便利な地べたに楽に座るバンド

2012.11.16 FRI


サイズはワンサイズで5×85cm。カラーラインナップは、ライム、ピンク、グレーなどの全4色で、2011年5月4日からJR大坂三越伊勢丹オープン記念としてChairless by A BATHING APEも限定販売。なお、売り上げの一部はパラグアイの少数民族の生活を守るために寄付される (c)Vitra
一度でも芝生の上で座ったことのある方ならご存じかもしれませんが、体育座りなりあぐらなりで、フラットな地べたにずっと座ってるのってけっこうつらいんですよね。どこかもたれかかるところがあれば幾分マシですが、何にもなくずっと座っているとやがて体が痛み出し、いっそ寝っ転がりたくなります。

それも良いのですが、ひとつここは南米パラグアイの先住民族アヨレオ族の叡智をお借りして、地べたに楽ちんに座ってしまおうではありませんか。それが2010年のミラノ国際家具見本市で披露されたChairlessです。一見ただのループバンドですが、体育座りした状態で、脚と背中をこのバンドで結束(?)してしまえば、ほどよいテンションがまるで背もたれのある椅子に座っているかのような効果を発揮します。

体育座りとは違って両手がフリーになるので、本を読んだり、食事をしたりするのも楽にこなすことができます。

こうした地べたに座るツールには、カヌーイストに人気のクレイジークリークという会社のザ・チェアが有名です。そのザ・チェアも背もたれ付き座椅子のようなスタイリングで楽な体育座りの姿勢をサポートするのですが、Chairlessはそこから座面とシートバックを取り払いさらにミニマムにしたものといえるかもしれません。

さすがにザ・チェアよりはホールド感が劣りますが、Chairlessはその分かさばらないのでピクニックやこれからの野外フェスシーズンに1本持っていけば、かなり役立つことでしょう。
(熊山 准)

※この記事は2011年04月に取材・掲載した記事です

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト