室内サバゲー場、ボードゲームカフェ、模型ファクトリー…

童心に返れる「大人の遊び場」8選

2015.07.23 THU


秋葉原にある室内サバゲー場「ASOBIBA 秋葉原店」。毎日のようにフリー参加のイベントを開催中。今まで踏み出せなかったサバゲーの世界へ踏み入れてみる? 撮影/森 カズシゲ
毎日の仕事に追われ、「最近ワクワクしてないなぁ」なんて大人は多いはず。でも、童心に返って夢中になれる「大人の遊び場」が都内には数多く存在する! そこで、選りすぐりのスポットを8ヶ所ご紹介。いざ行かん、遊びの聖地へ!

1〈おもちゃで「戦う」編〉
●企業戦士よ、銃を手にとれ! 室内サバゲー場「ASOBIBA 秋葉原」@秋葉原
秋葉原のビルに広がるサバゲーフィールドは、完全レンタルで楽しめるとあって仕事帰りのビジネスマンに人気。1人でフリー参加OK。基本的にワンゲーム5分強で決着がつき、サクサクゲームが進むのもありがたい。初心者ウェルカムで、全体的にガチすぎない雰囲気も◎。

●ドリンク片手にオ・ト・ナの遊び ボードゲームカフェ「JELLYJELLYCAFE」@渋谷
200種類以上のボードゲームが揃うこのカフェ。毎週イベントも開催されており、1人から参加できる。初対面の人と本気で“戦える”のもこの遊びならでは。知的な遊びを楽しむ紳士淑女(?)たちとの出会いが広がるのもポイント。

2〈おもちゃを「作る」編〉
●プロの指導を仰ぎ、プラモ作りにはげむ!「模型ファクトリー」@新宿
本気でプラモデルを作ろうと思うと、特に家族持ちの男性諸氏には、自宅は理想的な環境とはいえないだろう。そこで利用したいのがこちらの時間貸しのアトリエ。基本工具はもちろん、エアブラシもレンタル可能。プロモデラーが常駐し、製作から素材選びまでをサポート、あなたの本気に応えてくれる。模型講座も随時開催中。

●仕事帰りに気軽にアート体験 デジタル制作カフェ「FabCafe」@渋谷
レーザーカッターや3 Dプリンタなど、最新のデジタル工作機器を使い、モノ作りができるカフェ。店内のiPadで描いたオリジナルデザインをレーザー彫刻する手軽なキットのほか、自身を3 Dスキャンして胸像を作ることができるプランもあり、初心者でも楽しめる。データや素材を持ち込む本格的な作業ももちろん可能。

3〈おもちゃで「競う」編〉
●アクセルだけが人生さ!? スロットカーレース場「博品館RACING PARK」@新橋
左右ステアリングもなく、操作するのはアクセルのみのスロットカー。単純なことこの上ないが、コーナーをうまく曲がるには精妙なスピードコントロールが要求される。おそらく仕事を含めてこんなに神経を集中させることは滅多にないであろう…。仕事で疲れた頭には、癒しよりもこの緊張感がマジで効きます。月イチで大会も開催中!

●進化したヨーヨーを体験せよ!「スピンギア AKIBA店」@秋葉原
様々な形のヨーヨーが並ぶ一角に設けられた試遊スペース。日本の競技技術は世界でもトップレベルだが、その人口は限られており大人が真剣に取り組めば3年ほどで世界大会も目指せるというから熱くなる。店員はみなエキスパートで技の披露、指導も惜しみがないのが嬉しい。「忘年会の隠し芸にもいいですよ」とは店長談。

4〈おもちゃに「浸る」編〉
●10円ゲームの醍醐味に浸る!「駄菓子屋ゲーム博物館」@板橋
駄菓子屋さんとともに、今や絶滅に瀕している「10円ゲーム」だが、こちらの店内には『日本懐かし10円ゲーム大全』の著書もある館長・岸さんが集めたコレクションがずらり。もちろん、すべて実際に遊ぶことができる。頼るはバネの感覚をつかんだ己の指先のみ…アナログ感満点のゲームは大人が熱中すること間違いなし。

●鉄道模型に想いを乗せて…鉄道バー「バー銀座パノラマ 銀座店」@銀座
仕事に疲れた一日が終わる。今宵、カクテル片手に心を列車にのせて一人車窓の旅へ…。昭和40年代を模した銀座の街並み、郊外のホームタウンといった風情のジオラマの中を鉄道模型がカタンコトンと線路を鳴らしてひた走る。ボーっと眺めれば嫌なことも忘れること請け合い。ボーっとしすぎて、終電逃すレベルだから気を付けて!

スマホでひとり密かに楽しむゲームもいいが、こういう場がより楽しくなってしまうのは「人との付き合い」があるから。コミュニティに踏み入れて、新しい世界の扉を開いてみてはいかがだろうか。
(宇都宮雅之)

  • 右下に見える黄色い機械がレーザーカッターや、3Dプリンタでモノづくりができる「FabCafe」の店内。改装工事を終え、8月4日からリニューアルオープンを果たす
  • ヨーヨーのほか、けん玉も販売している「スピンギア AKIBA店」。8月に「世界ヨーヨー選手権大会」が秋葉原で開催される。この夏は、懐かしのヨーヨーで熱くなってみる?
    撮影/森 カズシゲ
  • 板橋本町駅から徒歩6分の「駄菓子屋ゲーム博物館」。所狭しと並ぶ往年の10円ゲームたち。スマホゲームと比べることなかれ、段違いにエキサイトすること請け合い!
    撮影/森 カズシゲ

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト